人気ブログランキング |

タグ:最近のマイブーム ( 22 ) タグの人気記事

新型コロナウイルス 2 マスク2

新型コロナで騒がしい今日この頃。
皆さんいかがお過ごしですか?

わたしの毎日は、
もともと引きこもりかあちゃんなので、
あまり生活自体は変わってはいませんが、
それでも、出掛けるときには必ずマスク。
帰ってきたら必ず手洗いなど、
気をつけて毎日を過ごしています。


12月1月で買いだめしたマスクも、かなり量がへり、
小袋で買い足したりはしているものの、家族の人数を考えると
ちょっとこころもとない・・・。
まあ、使えば当然へるわけで(笑)

そこで、
他の家族の分をサージカルマスクにして、
買い物に行く程度なら、
私の分は、手作りマスクでいいんじゃね?と、
家にある材料でマスク作ってみました。

中のガーゼは、
子どもたちがまだ小さかったころの、ガーゼハンカチ。
外側の布は、
子どもたちが中学校の時のよそ行きようの制服のカッターシャツ。
ゴム紐は、
給食の割烹着の手首のゴムが伸びたときの交換したのこり。

本当に寄せ集めではありますが、
なんとかそれらしき立体マスクになりました。


そして、何回か着けて買い物に行って気付いたのですが、
わたし、サージカルマスク嫌いかも。
昔から、マスク苦手だったのですが、
どうもその原因が、
サージカルマスクの独特の匂いだったみたいです。
布マスクだと匂い気にせずに使えています。


しかも外布のカッターシャツ。
ポリエステル65%綿35%。
乾きやすいので結構○です。


アベノマスク早くこないかしら?
ガーゼと耳用のゴムがセットでやってくるので、
ほどいて、また次のマスクを作ろうと心待ちにしている今日この頃です。
 

by pen-p | 2020-04-27 11:38 | 病気 | Comments(4)

ラグビーワールドカップ2019 南アフリカの国歌

ラグビーワールドカップ2019 も残り2試合となりました。

ドキドキワクワクの試合ばかりで
とても楽しませてもらっています。

日本代表の活躍も素晴らしかった。
家の中で大騒ぎして応援しました。

NZのかっこよさったらたまりませんでした。
エディーの戦略の凄さ。
南アフリカの重戦車ぶりの強さ。

日本代表の試合だけじゃなく、
他の国どうしの試合も開幕戦からかなり見ていた私です。

で、そんな中
試合の開始前に歌う国歌・ラグビーアンセムを毎回聞いていて
不思議に思った事があるんです。

南アフリカの国歌メッチャ長い。
他の国に比べて倍ほどある。

ってことでした。

で、気になったので調べてみました。

とても納得しました。
歴史的背景を思えば本当に納得でした。

以下、Wikipediaからの引用です。



南アフリカの国歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動検索に移動
National Anthem of South Africa
和訳例:南アフリカの国歌

国歌の対象
南アフリカ共和国

別名Nkosi Sikelel' iAfrika
(神よ、アフリカに祝福を(前半))
Die Stem van Suid-Afrika
(南アフリカの呼び声(後半))
作詞Enoch Sontonga
(神よ、アフリカに祝福を)
C.J. Langenhoven
(南アフリカの呼び声)
作曲Enoch Sontonga
(神よ、アフリカに祝福を)
Martin Linius de Villiers
(南アフリカの呼び声)
採用時期1997年
言語コサ語
ズールー語
ソト語
アフリカーンス語
英語
試聴
0:00
テンプレートを表示

南アフリカ共和国国歌は、神よ、アフリカに祝福をコサ語ズールー語: Nkosi Sikelel' iAfrika)と南アフリカの呼び声アフリカーンス語: Die Stem van Suid-Afrika)の両曲をひとつに編曲したものである。1997年ネルソン・マンデラが大統領令として制定した。

基本的に、コサ語・ズールー語・ソト語・アフリカーンス語・英語の5言語で歌われている。

「神よ、アフリカに祝福を」について[編集]

「神よ、アフリカに祝福を」は、元々、賛美歌として メソジスト学校の教師エノック・ソントンガ英語版によって作曲された。しかし、いつしか、アパルトヘイト下の黒人解放運動で盛んに歌われたため、「反逆歌」として、歌われるのが禁止された。

ザンビア国歌タンザニア国歌や建国当時のジンバブエの国歌をはじめ、アフリカ各国で、国歌や賛美歌として、同じ旋律で歌われている。

また、映画「遠い夜明け」にも収録されている。

「南アフリカの呼び声」について[編集]

「南アフリカの呼び声」は、1957年から1994年までの南アフリカの国歌として、主にアフリカーンス語で歌われていた。1918年5月にCornelis Jacobus Langenhovenによってアフリカーンス語で作詞された。オリジナルは4節まである。

両曲をひとつに編曲した背景[編集]

南アフリカの大統領・ネルソン・マンデラが民族和解・協調政策の一環として、黒人解放運動の象徴である「神よ、アフリカに祝福を」とアパルトヘイト時代の国歌「南アフリカの呼び声」を組み合わせ、国家の分裂を防ごうとしたものだと思われる。

歌詞[編集]

元曲言語歌詞日本語
神よ、アフリカに祝福をコサ語Nkosi sikelel' iAfrika
Maluphakanyisw' uphondo lwayo,
主よ、アフリカに祝福を

その栄光が高く掲げられんことを

ズールー語Yizwa imithandazo yethu,
Nkosi sikelela, thina lusapho lwayo.
我らの祈りを聞き届け、

あなたの子である我らを祝福したまえ

ソト語Morena boloka setjhaba sa heso,
O fedise dintwa le matshwenyeho,
O se boloke, O se boloke setjhaba sa heso,
Setjhaba sa, South Afrika — South Afrika.
主よ、我らの国を護りたまえ

御手によりすべての争いを鎮めたまえ

我らと我らの国を護りたまえ

この南アフリカの国を

南アフリカの呼び声アフリカーンス語Uit die blou van onse hemel,
Uit die diepte van ons see,
Oor ons ewige gebergtes,
Waar die kranse antwoord gee,
我らの上なるこの青き空より

我らの海の深みより

こだま渡る険しき永遠なる山々より

英語Sounds the call to come together,
And united we shall stand,
Let us live and strive for freedom
In South Africa our land.
「共に来たれ」と呼ばわる声あり

我らは共に立ち上がる

自由のために生き、いざ戦わん

我らの国、南アフリカで




決勝戦の南アフリカの国歌、
この話を思い出しながら聞きたいと思います。

ただ、決勝前に私的に思うのは、

南アフリカ、
決勝の相手がイングランドは嫌だろうなぁってこと。

何せ相手の監督が前大会、
まさかの敗戦となった日本の監督だったエディー。

まじで嫌だろうなぁ と

一人決勝の組み合わせを見て、
ニヤニヤ思った私なのでした。(笑)
by pen-p | 2019-10-28 23:50 | その他 | Comments(0)

このはな綺譚のこんぺいとうの包み紙 2

このはな綺譚のこんぺいとうの包み紙 2_c0038424_08532632.jpg



こんぺいとうの包み紙の続きです。

これからどうやったのか。


まず、
これをそこらにあった紙の裏に
ボールペンで展開図を模写。
完成予想図をラフ描きしました。

それがこれ。



このはな綺譚のこんぺいとうの包み紙 2_c0038424_08534431.jpg



で、次にこれをもとに、
正方形に切った紙を
この折り線になるように、
折っていくと

こうなりました。



このはな綺譚のこんぺいとうの包み紙 2_c0038424_08541025.jpg



何度か折る練習をして
出来上がったのが


これ


このはな綺譚のこんぺいとうの包み紙 2_c0038424_08535508.jpg


折ってみて、
あまり柔らかい紙だと、
最後仕上げるのがちょっと大変。

ぶ厚い紙も折り目をつけるのがちょっと大変なので、
折り紙かコピー用紙くらいが一番折りやすいかな?

ただ、折りにくいだけで、
折れないことはないので、
いろんな紙で試してみてください。


ちょっとしたクッキーとか
飴ちゃんとか
誰かに渡したい時に、
ちょうどいい感じの包み方です。

折り慣れるとそんなに時間もかかりませんよ。

一度お試しあれ(^▽^)/

by pen-p | 2017-10-21 09:05 | その他 | Comments(0)

このはな綺譚のこんぺいとうの包み紙 1

10月から始まっているアニメ『このはな綺譚』。
TVで子どもが見てるのを横から一緒に第一話を見ていたときのこと。
薬の行商人のおじちゃんが、
ひとつつみ小さな紙袋のようなものを取り出しました。
手のひらにのせたそれを開くと、こんな感じ
このはな綺譚のこんぺいとうの包み紙 1_c0038424_08532632.jpg
私的には、お話そのものよりも、
この包み方にとても興味がわきました。

一枚の紙で
ハサミもノリも使わずに、
紙袋のような形状でものを包んで、
カンタンに元の形状に戻って包みなおせる。


すげー!!!


ってただただ感心するばかり(笑)



で、
インターネットで折り方を探してみるのですが、
どこにもないんです。
でも、どうしても
この包み方を知りたい。


そこで私はおもいつきました。

この上の絵から
展開図を作ってみることにしました。


作成過程および、
出来たかどうかは2でご紹介します。


by pen-p | 2017-10-19 08:18 | その他 | Comments(0)

狼と香辛料Ⅹ 凪の大地について

先日読み終わった『狼と香辛料』、
実は、読んでる最中に、何だかとってもつっかえて、
もどって読み返した場所がありました。

それが
10巻目の72頁。

ロレンスがアロヒトストックという所に行ったことがあるという話を
コルやホロにしていた時のこと。
その話の中にでてきた、「凪の大地」という言葉にとても違和感を感じて、
読むのがつっかえてしまいました。


「空の果てに向けて飛び立った竜が起こした風で、草も木もなにもかもが
 根こそぎになったといわれる大地だ。」
「凪の大地」の説明でした。

でもね、
そもそも「凪」という字は、
「風が止む」ことを表す国字です。

つまり本文中で使われている「凪」という字は、
風が止む」のでなく、
風によってなにもかもが根こそぎになったという、
まったく正反対の意味で使われていることになるんです。


私のように年の経た大人であれば・・・

作者は、
「凪」を知ってて反対の意味で使ったのか、、
「なぎ」の音が気に入って使ったのか、
「凩」との誤植なんだろうか?とか

いろいろ思いをめぐらすことができます。

でも、
作品部類としてはライトノベル。

読者には「凪」の本来の意味をまだ知らない
小中学生もたくさんいると思うんですよね。

初めてであった「凪」がこの一説であって、
「凪」=「草木が根こそぎなくなるような風がふくこと」と
理解する子どもたちがいてもおかしくないと思うんです。

真反対の意味で子ども達が字を覚える恐れがあるということは、
結構問題なんじゃないかなぁ~。

という思いがフツフツと沸いてきて、
我慢できずに、
出版社にメールをしてしまいました(笑)


『精霊の守人』シリーズでも
読んでいる最中に誤植をみつけました。
ただ、その時は、
今回のように全く正反対の意味でなかったので、
そのままスルーしたのですが、
今回は余りにちょっとなぁ・・・。


で、

メールを送るには送ったのですが、
返事がなくてもいいわ。
と思っていたので、
出版社からお返事を頂いたのにはビックリしました。

出版からかなり時間が経っているので、
今更変更は出来ないかなぁとは思いますが、
とりあえず出版社に連絡したことで、
私の中のモヤモヤは解消されました。


モノを書くというお仕事、
特に言葉を習得中の子どもたちの目に触れる可能性のある
モノを書かれている方は、
大人のそれより注意して欲しいなぁと
思ったおかあちゃんでした。(笑)



単なるクレーマーみたいだけどね(笑)


by pen-p | 2017-07-31 15:00 | にほんご | Comments(0)

狼と香辛料

春先から『狼と香辛料』という
ライトノベルを読んでいました。
夜寝る前と休みの日の空いた時間で読んでいたので、
春から夏までかかりましたが、
全17巻読み終えました(^▽^)/

狼と香辛料 (電撃文庫)

支倉 凍砂/KADOKAWA / アスキー・メディアワークス

undefined



中世らしき時代の
ヨーロッパらしき場所で
賢狼ホロと行商人ロレンスの周りで
繰り広げられるの経済ラブコメ?!
って感じでしょうか(笑)


ライトノベルと経済という
なんとも不思議な組み合わせなお話でしたが、
とてもおもしろかった。

紙幣経済になるまえの
鋳造貨幣による経済。
しかも
統一通貨でなく、
それぞれの国が銅・銀・金貨を
鋳造し、
混合比率もまちまちで
場所によっては両替比率もまちまち。

何とかスキマをぬって利益を上げようとする者や
その煽りをくって大損する者がいる。
今よりもシンプルで
今よりも残酷で
保険や保障のなかった時代。
それでもなんとか生きていこうと商売をしている
人たちのお話でした。

ラブコメ部分は、
まぁ賢狼と行商人が最後は結ばれて
子どもが出来るのですが、
その子どもと旅の途中で知り合った少年コルとの
お話が現在進行中です。

『狼と羊皮紙』はまだ読むかどうかは
思案中。
読むとしてもお話が完結してからかなぁ・・・。
話の途中までしかないの
ちょっとイヤだし(笑)





by pen-p | 2017-07-28 08:16 | その他 | Comments(0)

逃げるは恥だが役にたつ

野木さんの脚本ですし、
おとうちゃんお気に入りのガッキーちゃんも出ることですし、

ということで、
1回目からTV視聴+録画で楽しんでおりました。
「逃げ恥」

おとうとくんがTVをみながら、
学校のリア充たちが、最近、
「「逃げ恥」見て、恋人つなぎをしてるヤツらがいっぱいいる!」
といってました。

おとうちゃんに
「お前は、リア充に入ってないんか?」と尋ねられ、
悲しそうに
「そんな風に見える・・・?」と言ったおとうとくん。
めっちゃ面白い(笑)


で、
昨日のこと。

おとうとくんに突然おとうちゃんが

「あ!今気づいたんやけど、リア充やん!」
と言いました。

(・0・)

こんな顔したおとうとくんに
「おとうちゃん。リア充やんなぁ!」
と嬉しそうに続けるおとうちゃん。

(・-・;)

のおとうとくんが

「いや・・いまさら・・そんなこと言われても」

返事に困るおとうとくん。

「結婚してる時点で、既にリア充やと・・・」と
真顔で答えるおとうとくん。


となりで、おなかを抱えて笑っていたのは
おかあちゃんでした(笑)



おとうとくんよ!
まだまだ人生経験つまにゃあきませんなぁ(笑)
勉強だけが人生じゃないんだよ(笑)

世の中には
いろーんなこと考えてる人も
いろーんなこと言う人も
色々いるからねぇ。

おとうちゃんにもてあそばれているようでは、
まだまだじゃのぉ(笑)



追伸:TVエンディングバージョンの恋ダンス覚えました(^▽^)/
   で?とは聞かないで~(笑)
   子どもに(--; こんな顔されながら母は上機嫌で踊ってます(笑)


by pen-p | 2016-12-21 10:49 | こども | Comments(0)

表参道高校合唱部

最近のマイブームというか・・・
うちの家族のマイブームというか・・・



「表参道高校合唱部」です。

2015年TBS夏ドラマの一つです。
毎金曜日
TBS系TVで
22時から放送中です。

公式HPは
http://www.tbs.co.jp/omosan-gassyobu/
です。


最初は、私が合唱部の話だったら見てみようかなぁ~という感じで
録画したのが始まりでした。

一話で
おにいちゃんがはまり、

そのうち
おとうちゃんもおとうとくんもはまって
現在家族で楽しんでみています。

回毎の合唱も楽しみで、
♯6の「心の瞳」もストーリーと合っていてよかったです。

「心の瞳」といえば、
坂本九さんが日航機墜落事故直前に歌った曲で有名ですが、
今は、合唱曲としても有名なようです。
子どもたちが学校で歌ったといっていました。

ただ、
歌詞を読んでみると、
小・中・高 の生徒が歌うというよりは、
ある程度の年齢のおっちゃんが歌うほうが
ぴったりはまる歌詞な気がします。

ただいまおとうちゃんがこっそり練習してるみたい(^^;
今度もしかしたらカラオケで歌ったりしたりして(笑)ね。

by pen-p | 2015-08-26 14:57 | その他 | Comments(0)

Belive in yourself

最近うちの子たちは
Eテレのアニメ「ベイビーステップ」を
よく見ています。

テニスのお話なのですが、
真面目な男の子がコツコツ上手になるために
努力しているおはなしです。

その努力する姿勢とか、
練習の仕方とか、
試合にのぞむ気持ちだとか、
なんとなく思うところがあるようで、
競技が違うにもかかわらず、
二人とも欠かさず見ています。


で、
このアニメのOPが
阿部真央さんの「Belive in yourself」です。

歌詞がね。
私好きなんです。

スポーツだけじゃなくって、
全てのことに対して
そうでありたいと思ってしまいます。

そして、
子ども達には
スポーツに対しても
勉強に対しても
そうであってほしいなぁと思います。

聞いていると
頑張ろう!って思うそういう一曲です。

by pen-p | 2014-06-22 13:57 | こども | Comments(0)

私のけーたいさん(TT)

4年前にN-01Bを買いました。

文字盤のイルミネーションがきれいで、
それを見てるのもたのしかったし、
季節にあわせて
イルミネーションを変えたりして楽しんでおりました。

若干電池の持ちは悪かったですが、
基本ほとんど待ちうけ、
ネットはPC
の私にとって、
ごく知り合いのひとたちとのメールと
家族に連絡するようの電話でしたので、
特に問題でもありませんでした。

ワンセグも見られるし
ワンセグの録画も出来るし、
とても私的には使いやすいけーたいさんでした。


ところが、
おとついの夜突然・・・
画面が真っ黒。
電話をかけたり受けたりもできるし、
ワンセグの受信も出来る様子。
ただ、画面が真っ黒なので、
メールがきても読めない(TT)

ずーっと真っ黒かっていうと
何度か開け閉めすると
たまーに画面が出てくるという状態。

仕方なく、保障サービスをつけていたので
連絡してみました。

同じものと交換してくれるという話だったのですが、
今売っているもののなかから選んで欲しいという話でした。

N-01F

同じNなのですが、
イルミネーションがなくなってしまうそうです。
・・・かなしい。


まぁ、
けーたいさんの寿命と諦め、
新品を格安で手に出来るのをよろこぶべきなのですが、
・・・ちょっとやっぱりかなしい。かな(^^;?


数日後新しいけーたいさんがやってきますが、
しばらくは
この
使えたり使えなかったりのけーたいさんと
最後の時間を過ごしていこうと思っています。


ちなみに、
スマホに買い換えることはありません。
今後もないと思います。
もし・・ガラケーがこの世からなくなったら・・・
そのときには
もしかすると持つかも知れない。
けど、もしかすると携帯電話を持つことをやめるかも知れない(笑)
くらい
ガラケー派の私です(笑)
by pen-p | 2014-05-09 15:27 | その他 | Comments(0)


風のむくまま      気の向くまま      そこはかとなく     書きつづりませう


by pen-p

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新のコメント

くっちゃんさん☆ 本当..
by ぐみ at 16:31
暑中お見舞い申し上げます..
by くっちゃん at 14:58
くっちゃんさん☆ この..
by ぐみ at 20:41
大阪府内は感染者が多いの..
by くっちゃん at 21:48
段取り変わりまくりですよ..
by くっちゃん at 21:54

検索

カテゴリ

全体
季節・こよみ
にほんご
わらべうた・てあそびうた
方言・伊賀弁
こども
うちのいきもの
ぐみごはん
伊賀上野
病気
その他
未分類

タグ

(193)
(64)
(52)
(47)
(44)
(40)
(37)
(36)
(31)
(29)
(26)
(24)
(22)
(20)
(16)
(15)
(11)
(10)
(7)
(6)

記事ランキング

以前の記事

2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 01月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 02月

ファン

ブログジャンル

日々の出来事
自然・生物

画像一覧