人気ブログランキング |

風のむくまま      気の向くまま      そこはかとなく     書きつづりませう

by pen-p

<   2010年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

秋の白色

数日前、裏で撮った1枚。

たまたま鳩が2匹飛び立つ瞬間だったようで
影が写っています。

伊賀の早朝の霧。
伊賀の秋の白色です。
c0038424_0152753.jpg

by pen-p | 2010-11-24 00:10 | 季節・こよみ | Comments(0)

秋色

想像してみて下さい。

あなたにとって
「秋 色」  って

どんな色ですか?


紅葉の赤。
銀杏の黄。
落ち葉の茶。
高い空の青。

色んな秋色がありますよね。










私は柿の色

今年は夏からいきなり冬がきたような
そんな気がする気候ですけれど、
それでも
ちゃあんと
木々達は夏から秋を経て冬の支度をしています。

伊賀上野では
畑や庭に柿を植えている家がけっこうあります。
奈良なんかも
畑には必ずと言っていいほど
柿の木が1本植わっています。

この柿が赤く色づくと
あぁ秋だなあと思うんです。

そして食べてもおいしいし、
ビタミンCもたっぷりで
風邪対策にもなるという柿。

私にとってやっぱり秋色は
柿のオレンジ色が秋色ですね。

皆さんの秋色は何色ですか?
by pen-p | 2010-11-18 08:35 | 季節・こよみ | Comments(0)

「がり」

伊賀の辺りで、
「さびしがり」とか「うれしがり」とか「こわがり」とか
「○○がり」という言葉がちょくちょく使われます。

「こわがり」なんかは私自身標準語かな?
と思ってたくらい普通につかっています。
が、
国語辞書には載っていません。


この「○○がり」

「さびしがる」「うれしがる」「こわがる」といった
「○○がる」という五段活用動詞を作る「がる」が元なのだと思います。

 ーがる
 〔五段活用動詞をつくる〕・・・とおもっているようすを示す 
                    (『新選国語辞典』小学館)

この
「○○がる」の連用形
「○○がり・・・」の
「・・・」に「すぎる」が入った

「さみしがりすぎる」「うれしがりすぎる」「こわがりすぎる」
に「人」がくっついた

「さみしがり すぎる人」「うれしがり すぎる人」「こわがり すぎる人」
の後ろの「すぎる人」がいつのまにか省略されるようになり、

「さみしがり」「うれしがり」「こわがり」となったのかな?と思っています。

ですからこの言葉、
「さみしがる」「うれしがる」「こわがる」という行為に対し、
肯定の意というよりは、
ちょっと程度が過ぎてるよ!軽い否定のニュアンスが含まれているのだと思います。
「寒がり」「暑がり」もそうですよね。


ところで、
これって、たぶん関西では普通に使う言葉ですよね。
他の地域では使わないのかしら?
その辺は調べてないので、
何がご存じのことがございましたら
お教え下さいね♪
by pen-p | 2010-11-12 08:54 | にほんご | Comments(0)

あら 気が付けば

忙しさにかまけ、
かなり長いこと放置状態でしたこと
お詫びしますm(ーー)m

ところで、
なにげなく先程
カウンターを確認しましたら
29999となっております

次にアクセスして下さった方が30000人目。

長い間しているとはいえ、
こんなにたくさんの人にお越しいただいたかと思いますと
ただただ感謝でございます。


不定期に
思い付いたことを
思い付いたように
ぽちらぽちらと書いていきますので、
今後とも気長にお付き合いいただけると幸甚でございます(^^)v
by pen-p | 2010-11-10 08:30 | その他 | Comments(2)