おじゃみ

「おじゃみ」と聞いて、何か皆さんはおわかりになるでしょうか?

「おじゃみ」とは、「おてだま」のことです。

先日、あることから、「おじゃみ」を使った手遊び歌って何かあったっけ?という話になったのですが、全然思いだせません。むか〜し私が小学校へ上がる前に、祖母に教えてもらった「おじゃみ」遊びの中に、着物のたもとに「おじゃみ」をぶつけるような仕草のものもあったのですが、どんな風にしたのかすっかり忘れてしまっていました。
そこで、遠い親戚のおばあちゃんに尋ねてみることにしました。

おばあちゃんを「おじゃみ」を持って訪ねると、
「え?こうすんねんして。」とやって見せてくれました。
なかなか技としては高度な技で早速出来そうにはありませんでしたが、
80歳を超えてなお「こんなん、なんぼでもできるわして。」とニコニコ歌いながらすばやく手を動かしながら教えてくれました。

ところが、今回その親戚のおばあちゃんが見せてくれた技の中に、
記憶の断片になっていた「おじゃみ」遊びがあったんです。
亡くなったおばあちゃんが見せてくれた「おじゃみ」遊びが
記憶の断片が記憶として甦った瞬間でした。

なんだか亡くなったおばあちゃんとの思い出を一つ拾った気がしてとても嬉しく思いました。

詳しいおじゃみの手遊び歌については、次に詳しく書きたいと思います。
お楽しみに(^^)v
[PR]

by pen-p | 2008-02-17 14:49 | わらべうた・てあそびうた | Comments(0)
line

風のむくまま      気の向くまま      そこはかとなく     書きつづりませう


by pen-p
line