木造建築のいろは

少し前、大工さんに直してもらうところがあって、何日か大工さんがうちに来ていました。
その時、おとうちゃんが聞いた話、

家の柱の木は、その木が生えていたとおりに柱の向きを考えなくてはいけないそうです。

ちゃあんと、東西南北をあわせて柱を使うと、そうでない場合にくらべ、随分しっかりしているようです。
逆に、東西南北をあわせず使うと、強度が随分おちるのだとか。

おそるべし!木造建築!!です。

ちなみに、うちの柱はちゃんと東西南北合わせて建ててあるそです。
よかった〜ぁ(^^)
[PR]

by pen-p | 2007-12-02 00:50 | その他 | Comments(0)