喪中にまつわるエトセトラ 1

この頃になると、突然やってくる
喪中ハガキ。

年々その数が増えてくる気がします。

しかも、
今までは、
実父・実母・子
もしくは
同居家族
くらいのご不幸ごとがあった年に
喪中ハガキを出していたのが、

嫁の親
嫁の兄弟
嫁入りした兄弟
なんて人たちのご不幸ごとにまで
喪中ハガキを出しているようです。


先日も
「ワイ(私)の息子の父親が死んでんけど、ワイ(私)は喪中か?」と
言ってるおじさんがいました。

「え?おじさんの息子さんのお父さん亡くなったって・・・亡くなったの・・おじさん??」
と尋ねると

「よぉ?!ワイは死んでへんわさ・・・。」
「あぁ!!死んだんはワイの息子の嫁はんの父親や。」

「・・・おじさん、全然関係ないやん。」

「ほんなら、ワイは喪中にならんでええんか?!」

「年賀状出してええと思うで。」

ということがありました(笑)



どうやら喪中が世の中ではやっているような感じです。
[PR]
by pen-p | 2012-11-14 08:30 | 季節・こよみ | Comments(0)