カブトエビの進化系

夕方、夕飯の買い物に出かけようと
車に乗り込むと、
少し離れた橋の手前でおにいちゃんが自転車を漕いでいました。

「あっ!くもん行くのかな?」と思っていると、
クルっと向きを変えて
激走してうちに戻ってきます。

(ん?忘れ物したか??)と思っていると


「おかあちゃん!!おとうちゃんいる?」と言うので、
「どうしたん??」と聞くと
「カブトエビの進化系に手と足がはえたのが川ん中歩いてる!!!」
と言います。


・・・

今、何ていいました?


一瞬何を言ってるか理解できなかったのですが、
どうやら何かを橋を渡っているときに見つけた様子。

それを聞いたおとうちゃん、


「お前、留守番しとけ。」と
買い物に行こうとしている私を留守番にして
二人で橋までそのカブトエビの進化系を見に行きました(笑)



戻ってきた二人に
「大きさどれくらいのモノなん?」と聞きますと
「う~ん 1mくらい」
(でかっ!!!)
「あのな、カブトエビみたいな甲羅があって手と足が太い目のがついてて、
 逆さになるとお腹がナマズみたいなの。」とおにいちゃんが説明してくれます。
(何の怪獣だ?それは(笑))

と思いつつ聞いていると
おとうちゃんが言うには
恐らくヌートリアだろうということでした。

でっかいネズミです。

しかし・・・
1m大のネズミ・・・
それはそれで困り者ですが、
おにいちゃんは、
「あれは絶対甲羅やった!」と言っています。


何にせよ、
うちのまわりは
色々野生動物がいる
野生の王国のようです(笑)
[PR]

by pen-p | 2012-07-27 08:33 | こども | Comments(0)