天気予報

 うちには、2人の男の子がいます。上が1年生。下が保育園の年中さん。

 下の弟くんは、小さい頃からぜんそくもちで、風邪をひけば、ひゅーひゅ。ほこりを吸い込めばぴゅーぴゅー。そして、雨や台風といった、気圧が下がった状態になると、ぴーぴーと発作が起き、その度かかりつけの小児科へ走っています。

 ところが、この気圧が下がると発作が起きるというのは本当に不思議です。台風の予想進路が例えこちらを向いていたとしても、弟くんが発作を起こさないと、見事にそれていきます。反対に、最初台風がこない予想進路であっても、彼がぴゅーぴゅー言い出すと、こちらに台風がやってくるのです。
 先日も、久しぶりに大きな発作を起こして病院へ連れていきました。通常なら、病院で吸入をしてもらえば、発作が収まるのですが、一向に収まる気配がありません。「???」と思っていると、午後1時頃から急に空が真っ暗になり、いう間もなく台風かと思う程の強風が吹き荒れ、大粒の雨が降り始めました。ちょうどその時、弟くんはお昼寝をしていました。1時間程荒れ狂った後、天気が良くなりました。お日様が出始めた頃、お昼寝から起きてきた弟くんのぜんそくの発作は、ビックリするほど収まっていました。

 ぜんそくと気圧はなかなかあなどれません。
 どうも、弟くんは、うちの天気予報士のようです。
[PR]

by pen-p | 2005-05-01 01:22 | こども | Comments(0)