ぐみごよみ

penchan.exblog.jp

風のむくまま      気の向くまま      そこはかとなく     書きつづりませう

<   2015年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

棕櫚ほうき

以前NHKのイッピンで放送していた、
棕櫚ほうき。
実はうちにもあります。
というか、
私、実家にもこのほうきがあって、
座敷ほうきといえば、
基本、これだと思っていたので、
放送を見て、
そんな大層なほうきだったんだと知りました(笑)

ちなみにうちの棕櫚ほうきくんはこの子です
c0038424_11135958.jpg


そういえば、実家にあった棕櫚ほうきも、
お店やさんで購入したのではなく、
行商の人が売りに歩いているのを
買っていたような記憶があります。

うちのこのほうきも、
直接うちに売りに来たのを買ったものだと
お義理母さんが言っていました。

ほうきにしたら値段が高かったのですが、
作り方を見ていたら、
まぁ高いのもしかたないかと思いました。

ただ、
棕櫚ほうきも、作られる方が減っているようで、
いつかは、へんこつほうきのように、
なくなってしまうのではないかと、
心配ではあります。

このほうき、ちゃんと使わないと、
とっても掃きにくくなるので、
丁寧に使っていきたいと思っています。
[PR]
by pen-p | 2015-04-29 22:48 | その他 | Comments(0)

さくら通信 2015.4

c0038424_20431198.jpg


これが今年最後のさくら。
4月12日のさくらです。

今年のさくらは、
期間的には長く咲いていた気はしますが、
なにせ、
ほとんど雨・曇り・雨・雨・曇りって感じ・・・
すかっと晴れた青空の下で
さくらを見ることはできませんでした。

まぁ
いろんな年があって
いろんな顔をみせてくれるのも
さくらを愛でる
楽しみでもあるのかもしれません。ね。


しかし、
今日もまた雨降ってるし・・・
明日ところにより雹が降るとかいってたし・・・
いったい春はいつくるのかなあ??
[PR]
by pen-p | 2015-04-13 16:40 | 季節・こよみ | Comments(0)
今年のさくらはかわいそうです。

せっかく咲いたのに、
ずーっと雨か曇り。

ついでに昨日今日と
めちゃくちゃ寒い。

今日だって
晴れるっていってたのに、
結局
一日曇り。

また
雨降り予報だし・・・


青空に映える
さくらは来年までおあずけかな?


もう風に舞って
散りかけました。

まあ、
お陰で小中高の入学式には
さくら咲いてましたけれどね・・・

まだもう少し
花が残っているので、
奇跡の晴天を待ってみようかしら。ね。
[PR]
by pen-p | 2015-04-09 16:32 | 季節・こよみ | Comments(0)

なぜ忘れる?!

昨日、おとうとくんが卓球にいったときのこと。


前回の練習のとき、
冬と同じように思って
着替えを持たずにいったら、
ベタベタで困ったと言ったので、

「ちゃんと着替え持って行きいや!」と
言うと

「3枚持った!!」と返事をしておりました。


まぁ、3枚も持ってたら
大丈夫だわね。と思いつつ
車で、
おとうとくんを
卓球の練習場まで送っていきました。


送って、
家に帰り、
玄関を開けるや否や、

「おい!短パン忘れた!って電話あったぞ!!」
とおとうちゃん。


??!
ジャージ脱いだらパンツで
はじめて短パンはいてないの
気づいたのかい?!(笑)

上の着替えは3枚も持って、
短パンはいてないって!!(笑)


あほ だな (笑)


仕方ないので
短パン1枚、
また卓球場へ
配達させていただきました。

しかし・・・
真冬でも短パン・半そでなのはお決まりなのに

なぜ忘れる?!(笑)

しっかりしてよぉ!
明日からは中3になるんだから!!
[PR]
by pen-p | 2015-04-05 09:32 | こども | Comments(0)

さくら通信 2015.2

c0038424_852201.jpg
c0038424_8523032.jpg


これは一昨日のさくら。
この日はお天気がとてもよくて、
一気に花が開いてしまいました。
5~8部咲き。

そして
昨日は一日雨でした。

でも・・・
雨でも気温が高かったので、
上野のお城のさくらや
東小学校のさくらは
もう満開です。

今日も明日も雨の予報。

月曜日には
小中学校の入学式があります。
その日
お天気になって
青空の下
満開のさくらで入学式になると
いいんだけど・・・

どうなるかしら??
[PR]
by pen-p | 2015-04-04 08:24 | 季節・こよみ | Comments(0)

風のむくまま      気の向くまま      そこはかとなく     書きつづりませう


by pen-p