風のむくまま      気の向くまま      そこはかとなく     書きつづりませう

by pen-p

<   2014年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

思わぬ美声

二階から玄関とおって
台所へ行こうとしていたとき、

ん?


思わず足を止めて
耳をすましました。


リーン リーン



あっ!?
スズムシ!!
(野生のスズムシの声久しぶりに聞いたかも(^^)/)



じーっと聞いていると
スズムシの声でなく



ポポッポ ポッポ
ポポッポ ポッポ



鳩の声に変わっていました(笑)


朝の忙しい時間の
ちょっとした
ほっとする瞬間。


秋ですねぇ~
[PR]
by pen-p | 2014-09-30 09:58 | 季節・こよみ | Comments(0)

思わぬ乗客

自動車にのって出かけようと、
座って
エンジンかけて、
右にウインカー出して、
左から車来ないか確認するのに、
左を見た瞬間、
目が合った!!


え!?


思いっきり
目が合ってるんですけど・・・
マツムシと・・・


窓の向こう側にいるのかと
思ったのですが、
完全に窓はしまっていて、
窓のこちら側に
集っています。

でも、
良く考えてみると、
朝、足をケガしてるおとうとくんを
学校に送っていくときも、
帰ってからも窓は開けていません。
いつ、どうやって、
マツムシくんは乗り込んだんだ???


運転中、目の前にやってこられると
危なくて仕方が無いので、
下車いただこうかと思ったものの、
捕まえようとした瞬間、
こっちへ飛んでこられてもイヤだし、

ということで、
窓を開けて、
そっと指でつついてみました。

案の定、窓から下車くださいました(笑)


しかし、
ムシとはいえ、
おもいがけず目が合うと
ちょっぴりひるんでしまった
私です。(笑)


・・・でもどうやって乗り込んだんだろう
未だに謎です(笑)



[PR]
by pen-p | 2014-09-27 10:37 | 季節・こよみ | Comments(0)
ここ数日、TVで賑わしていた
スコットランドの独立の話題。

うちでも話にあがっておりました。

でも、
うちの子らの心配は、
ちょっと普通のTVでとりあげた話とは違っておりまして・・・。



「おかあちゃん。スコットランド独立したら、イギリスの国旗
 めっちゃかっこわるなるなぁ!!」

と言い出しました。

「イギリスの国旗の青の部分と斜めの白の部分がなくなんねんで!」
「絶対かっこわるいわ!!」

と主張する子ども達。


それを聞いていた私は
(もし、イギリスの国旗からスコットランドの青と白の部分がなくなったら、
 オーストラリアとかニュージーランドとか、国旗にユニオンジャックを使ってる
 国の国旗も全部変わるんだろうか??)
と考えてしまいました。


とりあえず今回の選挙では、
独立は否決されたので、
子ども達や私が危惧していた
国旗の心配はなくなりました。

しかし、
沢山の人が国の独立による影響うんぬんを心配しているときに、
国旗のデザインの心配をしているうちって・・・(笑)
[PR]
by pen-p | 2014-09-21 09:27 | こども | Comments(0)

お月見だんごのはなし

くっちゃんさんのところで、
お月見団子の話が出たので
それについて少し・・・。


先日の仲秋の名月のとき、
家でお月見団子を作らなかったのですが、
普段は、お盆のときにお供えするお団子と同じものを
作ります。

団子粉(うるちの米粉+もち米の粉)に
上白糖入れて(砂糖を入れると時間が経ってもやわらかい)
熱湯入れてまとめて
まるめて
つんで(ピラミッド型に)
蒸して
できあがり

これがうちのお月見団子の作り方です。


近所の和菓子屋さんで売ってるのは
c0038424_8184451.jpg

(くらさか風月堂さんお写真お借りしました)

これです。
(花見団子の色違いでしょ?!)



でも、
よくよく考えてみると、
旧暦8月15日の仲秋の名月のことを
いも名月と言って、
よくお義母さんは
「いも名月やからさといもお供えしやんと。」と言ってますので、
もともとは
さといもをお供えしていたのかもしれません。


ちなみに
十三夜の時は
「くり名月」「まめ名月」と言うらしいので、
その時には「栗」や「豆」をお供えしていたのかな??


で、
いも名月の名残が良く残っているのが
くっちゃんさんの仰ってる
お月見団子なんでしょうね。


ちなみに、
お団子ではありませんが、
同じくくらさか風月堂さんの季節の上生菓子に
こんなのがあります
c0038424_824547.jpg


めっちゃさといもに似てる


今年は秋がとても駆け足でやってきましたが、
お菓子が美味しい季節になっていましたね。

今日からお彼岸でもありますし、
和菓子でも買いにいきましょうか。ね。(^^)


そうそう!!
十三夜にはうちでも
お団子を作りたいと思っていま~す(^▽^)/
[PR]
by pen-p | 2014-09-19 08:25 | 季節・こよみ | Comments(2)
2014年の大会は、おとうとくんが出場しました。


夏休み前、陸上に出るといいだしたので、
私ははっきり反対しました。
というのも、
夏休み後半のスケジュールを見てみると
どう考えても、陸上の練習を入れると
とんでもなく忙しくなるんですもの。

しかも、陸上の大会の前の週には
卓球の方の公式戦もあるのに、
陸上優先で活動しなくてはいけないのが
分かっていたので、
「やめとき。」と言いました。



しかし、
「おにいちゃんのしたことは自分もしたい。」

という小さいときから変わらないおとうとくんの行動原理は
今も変わらず同じでした。(笑)
どうしても出るというので
「しんどいで!」とだけ言って了承しました。


で・・・・
練習が始まってみると、
彼のタイムは、
100mは14秒から13秒後半
200mは28秒後半
という状態(--;
しかも
200mにいたっては、
初挑戦という暴挙(笑)

ほんまに出るんやろうか・・・
という母の心配をよそに、
卓球と陸上のハシゴをしたり
朝  塾の夏期講習
昼  陸上の練習
夜  卓球の練習
っていうような生活をほぼ
お盆明けから当日までの約3週間続けておりました。


陸上競技会の当日には

100mはなんとか13秒台をきって12秒台後半にのせ、
200mは26秒台にのせられたようです。

どちらも準決勝にまでいけたようで、
何とか笑われずに済んだようです。

努力がある程度結果としてでて
ホッとしました(^^;



ところで・・・

母としては、
今回の陸上の出場は
おもわぬ収穫があったと思っています。

まず、
いくら言ってもなかなかしようとしなかった
ストレッチをよくするようになったこと。
筋肉痛の時や疲れがたまっているときにすると
次の日楽になっていると自分自身で気づいたようです。

あと、
普段、どうしても
右側ばかりを使っているので、
体幹がかたむきがちなのですが、
陸上の練習は左右均等に筋肉を使うので
このまま、陸上が終わっても走る練習とストレッチは
続けるといいのになぁと思っています。


さて、
陸上の前の週の卓球の試合、
なんとかかんとか再来月ある東海大会に出場できるようですので、
今度は陸上から卓球へシフトして、
1試合でも1セットでも1点でも
自分の思うような試合運びができるように
頑張ってほしいものです。


あ!!その前に、
中間テストもあるはずですので、
そちらもどうか
お忘れなきように(笑)

学生の本分は勉強ですから(^0^)/ね!!
[PR]
by pen-p | 2014-09-15 16:01 | こども | Comments(0)
9月8日 昨日は仲秋の名月でした。
十五夜でした。

今年は名月が3回お目にかかれるそうです。

9月8日 十五夜
10月6日 十三夜
11月7日 後の十三夜 (旧暦 閏9月15日)


です。

みなさんも
秋の夜長
空を見上げてみませんか?


これが昨日私がみた
お月さんです。
(ケイタイで撮ったので写真自体はきれいではないですけれどね(^^))
c0038424_1204562.jpg

[PR]
by pen-p | 2014-09-09 12:00 | 季節・こよみ | Comments(0)

いがぶら

伊賀の秋には
いろいろおもしろそうなことをしようとしている人が
沢山いるようで、

「いがぶら」伊賀上野体験博物館というのをするんですって。

伊賀っていってもそりゃあ
端から端まで
色んな場所で色んな人が
色んなことをするようで、
その一覧がこちら

http://igabura.com/all_programs
(いがぶら全てのプログラム)


地酒に興味がある人
伊賀肉に興味がある人
伊賀焼興味がある人
忍者に興味がある人
組みひもに興味がある人
伊賀の和菓子に興味がある人
伊賀FCくノ一に興味がある人
田舎の風景や生活に興味がある人

とか色々

ほーんと色んな人が動いている企画みたいです。


ちなみに私は、
いち伊賀市民であって、
決して観光協会の回し者ではありません。
このイベントの関係者でもありません。(笑)
おもしろそうだったので、
ご紹介させていただきました。

興味をもたれた方は、
http://igabura.com/
いがぶら公式ホームページをご覧の上、
ご参加くださいね(^^)/



[PR]
by pen-p | 2014-09-06 14:37 | 伊賀上野 | Comments(0)