あぁ~びっくりした

おにいちゃんが帰ってきて言いました。

「おかあちゃん、受験料振り込んでおいてくれた?」


(・0・; ・・・


「ぎゃぁ~忘れたぁ~!!」


私立高校の受験料を振り込んでおいてくれと
頼まれていたのですが、
当日の朝、
めんたま飛び出るほど忙しくって
伊賀市内を
西に東に走り回り、
うちに帰っても
まだバタバタしていたので、
すっかり
完全に
全く

忘れておりました・・・・



さぁ
困りました。

何せ
時間が
16時30分
当然振込みができる時間ではありません。


とりあえず担任の先生を捕まえようとしたのですが、
当日先生は出張中らしく、
携帯へ直電してもつながらなかったので
あせりまくり、
学校へかけてもすぐにはつながらず、
10回以上かけてようやくつながりました。


事情を説明すると、
願書は明日学校へ子どもに持っていかして、
振込みは明日したあと、
振込みの半切れを学校へ届けてくれたらいいとのこと。


はぁ~
よかったです。

どうしようかと思いました(^^;




で、

次の日

朝の9時前に銀行についたら、
9時からしかシャッターが開かないとのことだったのですが、
家に帰ってもう一回くるのも面倒だったので、
そのまま待ちました。

9時になり
シャッターが
ガーって開くと、

中にいた行員さんが全員整列してこちらをむいていて
(この時点でかなりビックリしていた私)
その上、
全員声をそろえて
「おはようございます」って(・0・)

思わず後ろにあとずさりました(笑)


二日続けて
心臓止まりそうなほどびっくりして
目んたまとびでそうなほどびっくりして

とんでもない二日でした。(笑)


仕事の忙しいのもちょっと峠をこえたし、
あとは
家の段取をしないとね。
なにせ
「こよみの上でもでぃせんばーぁ」 ですから。ね。
[PR]
by pen-p | 2013-12-19 14:39 | その他 | Comments(2)