昨日7月7日は七夕でした。

でも毎年
七夕だけは旧暦でしたほうが絶対いいって思います。

新暦の7月7日なんて
毎年梅雨の最後で
雨もしくは曇りが定番ですから・・・。


伊賀上野の銀座商店街の七夕さんは
毎年旧暦でしています。(今でもそうだと思います)
8月に入ると
天気も安定して彦星さまと織姫さまも
雨の心配しなくていいのに。ね。(笑)


ところで・・・

京都の冷泉家ってご存知ですか?

冷泉家は藤原俊成・定家親子らを先祖とし、
定家の孫の為相から始まった和歌の一派の家柄です。

この冷泉家、
当時の宮中で行われていた年中行事の一つ、
「乞巧奠(きかうでん)」を
冷泉家の年中行事として現在に伝えているそうです。


「乞巧奠」とは
「きっかうでん」とも。陰暦7月7日の夜、牽牛・織姫星を祭る行事。
婦女子が織姫星に供え物をして、手芸の上達などを祈る。
宮中では、清涼殿の庭に机4脚、灯台9本を立て、供え物や琴を準備し、
一晩中香をたいた。たなばたまつり。
                    (『古語辞典』旺文社より)

現在冷泉家では、
蹴鞠(けまり)⇒雅楽の演奏⇒和歌に節をつけ歌う披講(ひこう)
⇒最後は「流れの座」という流れでお祭りが行われているようです。
(「流れの座」・・・天の川に見立てた白い布をはさんで向かい合った男女が、
 恋の歌をとりかわす行事。)


冷泉家は、
天皇が東京へお移りになられた際、
時雨亭文庫をお守りするため、
公家の内では唯一東京へ出なかったため、
関東大震災や東京大空襲に会うことなく、
京都でその屋敷(現存する最古の公家屋敷)・文庫
そして伝統や年中行事を守りつづけることができ、
現在に至っておられます。


歴史や伝統というものは、
続いていることがとても大きいと思います。
形を変えながらも、
次の世代に残し、伝えてていくことは、
今を生きる人として、
自覚を必要とされているところだと思います。


とはいうものの、
さすがに
小6・中2の男の子に笹飾りを作れといっても
作らないだろうなぁ(笑)

気の早い話だけれど、
子どもらの子が出来たら
また笹飾りがうちの軒端にゆれることもあるかしら・・・ね。(笑)
[PR]
by pen-p | 2012-07-09 00:23 | 季節・こよみ | Comments(2)

おにいちゃんが春、
学校の朝の読書用に買った文庫本が
無造作に置かれておりました。

手にとって読みかけたら
結構おもしろい。

ありえない世界(ありえない世界であってほしい)の
ありそうなラブコメ。


しかも1巻の『図書館戦争』を読み終わる頃に、
ニコニコ動画でアニメ版の一挙放送があったので
予約して全部みました。



おもしろかった(^^)です



しかもその放送で
6月16日から映画が公開されるという情報までGET


見たい
けど・・・三重県では上映ありません(TT)
大阪や名古屋まで出かけてみるほど時間的余裕もないです(TT)
映画はDVDを待つことにしました。



というわけで、
本屋に走ってアニメの続きである『図書館革命』を買ってきて
いっきに一晩で読んでしまいました。(笑)

おにいちゃんに
「え?!おかあちゃん、もう読んでしもたん?」と
驚かれてしまいました(笑)



こうなると、本編とエピローグの間のいきさつが気になって
次の日に別冊Ⅰを買ってきて読みました。

読んでるうちに、アニメには入っていない話が結構あるような気がしてきて、
『図書館内乱』と『図書館危機』の2冊を買って読み終えました。
話のつづきの加減で、今、革命を読み直しているところ。

おそらくあと残りの
別冊Ⅱも買っちゃいそうな気がしています。


感想についてはおいおい書いてみたりしようかな?
などと思っておりますが、
どうなるかは
風の向くまま気の向くまま ですので

ご了承を(笑)
[PR]
by pen-p | 2012-07-02 08:44 | その他 | Comments(0)