風のむくまま      気の向くまま      そこはかとなく     書きつづりませう

by pen-p

<   2012年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

学年末試験

おにいちゃんが只今学年末試験期間です。

数学の図形が苦手なおにいちゃん。
あーだこーだといいながら、
円の面積
円の円周
球の表面積
球の体積
円錐・三角錐・四角錘
円柱・三角柱・四角柱
の表面積と体積


などなど
かなり長時間悪戦苦闘しておりました。



夕方、台所に登場したおにいちゃん。
ニュースで中国の人民元の話をしているTVを見つめ

「おかあちゃん
 元がπにみえる・・・」

といいました。(笑)


「元がπって・・・一本多いで
 でも、そんな風にみえるくらい頑張ったってことやんか。」

といいつつ
笑いが止まらないおかあちゃんでした。
[PR]
by pen-p | 2012-02-27 09:17 | こども | Comments(0)

あれ?ぬくたい

昨日さぶいと書いてから、
お昼すぎ、外に出ると
あれ?ぬくたい(^^)

今朝も霜柱は立ってたものの、
そのうちぬくたい(^^)


福寿草も
節分草も
咲き始めてきました(^^)


そろそろ
三寒四温となってきたようですね。


でもまぁ

東大寺のお水取りが終わって
お彼岸が済むまでは
やっぱりさぶい日が多いのでしょうけれど

すぐそこまで来ている
春を待つのは
ちょっと気持ちが嬉しくなります(^^)ね
[PR]
by pen-p | 2012-02-21 21:36 | 季節・こよみ | Comments(0)

さっ・ぶいわぁ

金曜日、ちらちら降りかけた雪

土曜日、雪かきしないと靴に雪がはいってしまうくらいの積雪(12cm)

日曜日、最低気温-8度

月曜日、最低気温-6度



・・・さっ・ぶいわぁ



土曜日の大雪は久しぶりの雪~!でした。
玄関先、雪かきなるものを行いました。

日曜日、ガラス戸が凍てついて、開けることも叶わず、
外に洗濯物を干したら、30分せずに凍ってました(笑)

月曜日、それはりっぱな霜柱ができていました


でも・・・
この寒さくらいの寒さ、
子どもの頃は結構あったような気がします。

ツララもあったし、
窓だって毎日凍ててたような記憶があります。
通学路の水溜りはバリバりに凍っていて、
踏んで歩いた記憶があります。

今は随分全体的にあたたかくなってるのかもしれません。




まぁ・・・暦の上ではもう春なので、
そろそろ
三寒四温となり、
あたたかくなって欲しいなぁと思う今日この頃です。
[PR]
by pen-p | 2012-02-20 08:58 | 季節・こよみ | Comments(0)

バレンタイン

うちはおとうちゃんがチョコ嫌いなので、
バレンタインチョコは子どものリクエストがない限り
登場しません。

で、
今年は子どもからのチョコのリクエストがなかったので、
欣栄堂さんのいちご大福と雪小町にしました。

5こづつ買ってきて、
男女関係なく一人2こづつ食べました。
おいしかったです(^^)


子ども達のチョコ事情はどうだったのか
男の子の母としてはちょっぴり気になるところでして(笑)

おとうとくんは、
日曜日に「友チョコ」をクラスメイト2人が
届けてくれました。

問題はおにいちゃんです。
1つもなかったらショックだろうと
へんな気をまわしていたのですが、
昨日、クラスメイト2人から「友チョコ」を貰ってきました。

ヨカッタヨカッタ(笑)


「本命チョコ」はまだまだ先でしょうけれど、
「友チョコ」くらいが気軽でいい感じですね(^^)
[PR]
by pen-p | 2012-02-15 09:12 | 季節・こよみ | Comments(0)

八朔

うちの家族は柑橘系の果物が好きです。
おにいちゃんはまるで狐が憑いたかのようにミカンを食べます。

三重の南の方はミカンの産地で
色んなミカンが植えられているそうです。
おとうちゃんのお友達に三重県の職員の方がいて、
時々、熊野の方へ出張に出かけます。
そのとき、お願いしてたくさんミカンを買ってきてもらいます。

温州みかんのときや
デコポンのとき
きよみのときもあります。
今回は八朔でした。


おにいちゃんは、温州みかんよりこの八朔の方が好きだといいます。
理由を尋ねると、
1つで食べた気がするというのです(笑)
温州みかんはいくら食べても食べた気がしないんだそうです(笑)


・・・で
今うちにはその方に買ってきてもらった八朔が10kgあります。
でも2週間ほど放置してからでないと酸っぱくて食べられないので、
今は見るだけ、我慢の子です。



昨日、おとうとくんを誘いに近所の小さい子がやってきました。
以前そこのおうちからりんごを頂いたことがあったので、
その子に
「これまたおうちで食べて。」と八朔を渡しました。
そして
「あっ!それから、これ2週間ほど食べやんと置いといてな。」と付け足しました。
するとその子は
(・0・)
こんな顔をします。
「八朔って食べたことある?」と聞くと
「ない!」と言うので、
「今すぐ食べたら酸っぱいから、2週間ほどたったら丁度食べごろになるからね。」と
伝えました。



考えてみれば、八朔が何かも知らない子に、
これあげるけど、食べちゃダメって言われたら
(・0・)
こんな顔になりますよね(笑)
あのポカーんとした顔
かわいかったなぁ(笑)


とりあえず、2週間熟成中の八朔です(^▽^)V
[PR]
by pen-p | 2012-02-11 09:03 | こども | Comments(0)

樋 考

「樋」という字を入力するのに「とゆ」と入れた私。
「とゆ」では「樋」は出てきませんでした。

う~ん じゃあ・・・
「とい」と打つと今度はちゃんと「樋」と出てきました。

私、「樋」ってずーっと「とゆ」と呼んでいました。
でも「雨樋」は「あまどい」って呼んでるんだから、
「とい」が本当だってのも知ってたのですが、
「とゆ」とも呼ぶと思っていました。
「とゆ」が方言だと思いもしていませんでした。(笑)


いつものごとく、
「とゆ」を古語辞書で調べてみましたら、
なんと古語辞書にも載っていません。
ついでに「とい」を調べても載っていませんでした(・0・)

これにはちょっとビックリ!

で、
「樋」を漢和辞書で調べてみると、

【樋】木の名前 (国)ひ とい かけひ 竹や木などで作り、かけわたした水道
                      (『新字源』 角川書店)

とあります。

「樋」を古語辞書で調べてみると

ひ(名)①【樋】ア 水を遠くへ導くため、竹や木で作った管。とい。
筧(かけひ)・うずみ樋などがある。

ついでに
「筧」「うずみ樋」も古語辞書で調べてみると

かけひ【筧・懸け樋】(名)竹や木を地上に掛け渡して水を引く樋
うづみ樋【埋み樋】 (名)土中に埋めて、水を流す樋。

                      (『古語辞典』 旺文社)

つまり、そもそも「樋」は「ひ」であって、
木や竹でつくった水を流す場所をさし、
その形状によって、
掛け渡してゆくものを「かけひ」といい
土中に埋めてしまうものを「うづみ樋」と言ってたようです。

そして今回私が(ん?)と思った
「とい」は古語辞典には載っていませんでした。

私は、「戸」につく「樋」で
「とい」となったのではと推察しております。
そして、「とい」自体が随分最近になってから出来たものではないか?とも
考えております。

家の出入り口で上から次々と雨がかかると不便なので、
出入り口に落ちてくる雨をよけるために
戸につけた樋が「とひ」となり「とい」となっていったのではないかな?と
思っております。


ふとしたきっかけで、普通につかっている言葉にはいろいろ紆余曲折を経て
今に至っている不思議を感じることがあります。

ホントにほんごっておもしろい(^^)ですね
[PR]
by pen-p | 2012-02-09 23:21 | にほんご | Comments(0)

まめまき

地区の卓球から家族揃って帰ってきて、
豆を数えて食べた後、
まめまきをしました。

おにいちゃん、
まく豆を持って
まくのかと思いきや、

ポリポリポリ



食べています(・・;



「食べてるで。」と言うと、

「あっ!つい手に持ったら、食べてしもた。」とおにいちゃん。

オニごと食べてしまいそうな勢いの
食欲魔人状態のおにいちゃんです。(笑)



そして、
持った豆を
まくのかと思いきや、
剛速球で窓に向かって投げました。

「たのむわ・・・、大豆で窓わったっていうたら笑い話にもならへん。」
というと、

「次はカーブや!」・・・って(--;

野球部なのは知ってるから、
普通に豆まきしておくれ。おにいちゃん(笑)


でもまぁ、中1にもなって
率先して豆まきをしようなんていうことを
言ってくれるのは
ありがたいのかもしれませんけれどね(笑)
[PR]
by pen-p | 2012-02-03 23:11 | 季節・こよみ | Comments(0)

凍てついております

この記録的な寒波・・・


この数日、毎日のように聞いていましたが、
一昨日も昨日も、
朝起きて、外に出てみても、
それほど寒くありませんでした。

というか、
-1度とか-2度くらいなら、
普通の朝の気温だからです。


でも、
今朝は寒かった。


朝、起きようと思ったら、
顔が寒い。
布団から出るのを躊躇するくらいの寒さでした。(笑)


1階におりて、
台所の雨戸を開けようとしたら、
その前の、アルミサッシ(窓)が凍てついて開かない。
湯沸しのお湯をだそうとしても、
お湯が出ない。

外を見てみたら、
車は霜で真っ白け。

NHKのデータ放送を確認したら、
最低気温-4.8度となっておりました。

やっぱり-5度近くなると
そこらのものが凍てついてきますね。

そういえば、
高校生の頃、
自転車通学の同級生の子が、
眉毛とまつげと前髪を凍らせて
「さっぶ~」と通っていたのを
思い出しました。


さすがに寒の終わりは
毎年寒いですね。


でも今日は節分。
ちょっとはあったかくなってくれることを
祈念して、
豆といわしと恵方巻きでも用意しましょかね。


は~るよ こい
は~やく こい (^0^)
[PR]
by pen-p | 2012-02-03 08:32 | 季節・こよみ | Comments(0)