ぐみごよみ

penchan.exblog.jp

風のむくまま      気の向くまま      そこはかとなく     書きつづりませう

<   2009年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

「どうされました?」と私が尋ねると

「もう歩けないので警察を呼んで下さい。」と言います。
(歩けないから警察呼べって・・・いわれても・・・)と思いつつ、

「どこか、体しんどいところがあるんですか?」
と尋ねると。
「腰が痛くて歩けないんです。」

「じゃあ、おうちに電話しましょうか?」と言いますと
「一人暮らしで電話をしても誰もいないんです。」と答えます。
(困った〜ぁ)

連れていた子どもに、
「車来たらあぶないから、端っこの方で、ゴメンやけどかしこぉ待っててな。」
と言ってきかせ、

(救急車呼ばなアカン感じやないし、
 やっぱり警察かなぁ・・・
 110番かけるほど緊急事態でもないだろうけど、
 伊賀署の番号わからないし・・・
 私もいつまでもこうしてる訳にいかないし・・・。)
  
とまたまたいろいろ葛藤のすえ、
生まれてはじめて110番かけました。


ところが、110番でつながるのは津なんですね。
はじめて知りました(^^;


警察「どうされました?」
ぐみ「おばあさんが、道の途中で動けなくなって、
   警察に電話して下さいというので、連絡させてもらったのですが・・・。」
警察「場所はどこですか?」
ぐみ「○○です。」
と答えると、
なかなか現在地が特定できないようす。

それもそのはず、
繋がってるのが津の警察で、
しかも私達のいる場所が、
住宅街のはずれ、
車一台が通れるかどうかの細い路地。
本通りから2本ほど中に入った場所。
目印になる建物もほとんどない。
すぐに分かる訳ないやん!!って所だったんです。

(ぎゃーっ!どっから説明したら分かってくれるの?)
と脳味噌フルスロットル!!!
少し離れた大きめの土建屋さんから、北だの東だの、
どこどこ通りへ抜ける道だとか、そりゃあ必死に説明しました。
すると、
警察「だいたい、場所わかりました。・・・何というお宅の前ですか?」
と尋ねるので、
表札を見て、「△△△△さんという方のお宅の前です。」


警察「じゃあ、すぐに行きますので、おばあさんはの年齢聞いて下さい。」というので、
おばあさんに、
ぐみ「お年はおいくつですか?」と尋ねたら、
おばあさん「76歳。」と教えてくれました。
警察へ年を伝えると、
警察「お名前は何といいますか?」と聞かれたので、
再びおばあさんと警察のあいだで、通訳状態になって伝えると、


警察「ところで、あなたはどちらさんですか?」と聞かれました。
(まぁそりゃあそうだわな(^^;)

ぐみ「小学校のプール当番で、子ども達を家に送り届けている途中、
   前を通りかかっただけのものです。」
と言うと、
警察「それは、大事なお仕事をして下さっているところ、お手数お掛けしました。」
(いやぁ・・・それほど大層なこともしてないんだけど(^^;)
と思いつつ聞いていると、
警察「すぐに、そちらへむかわせますので、決して動かないように伝えて貰えますか?」とのこと。

おばあさんに
「すぐ、警察が来てくれるって言うてくれてるから、絶対動かんといてぇな。」
と伝えると、
「ご親切に、ありがとう。」と言ってくれました。



本当は、警察に保護されるまで付いていてあげるべきなんだけど、
すでに、帰る予定時間を30分ほどオーバーしているし、
おばあさんも大丈夫そうなので、失礼させてもらいました。


その間、かしこぉしてくれていた小1くんには、感謝感謝です。
当然、そのおかあさんにも(近所でお知り合いなのが幸いでした)事情を話をしましたら、
「その人やったら、うちの前でもうろうろして、何か包みを開けたりしてたわ。」と言ってました。
小1の子を送り届け、私も家に向かって歩き始めたところへ、
一台のパトカーが走っていきました。
おそらく迎えに行ってくれたのでしょう。
あぁ良かった(^^)


実はね、ちょっと気になってたコトがあるんです。
それは、その人の風貌。
右手には古びた布でくるんだ何だか分からない包みが1つ。
左手には何が入ってるのか分からないけれど、
しっかりモノのつまった大きめの紙袋。
一番上には箱ティッシュがそのまま乗っていたんです。

一見、ちょっと普通の状態に見えない感じ。
もしかしたら・・・もしかしたらなんですが、違ってるかもしれないけれど・・・
認知症の方かな?って感じだったんです。
実際、その人の家だといってた場所とまるで反対の方向に向かって歩いてましたしね。
一人暮らしで認知症がはじまってしまったら・・・
結構怖い話しだけれど、
高齢化がすすみ、核家族化がすすんでしまった伊賀上野では、ますます増えてくるであろう話ではあります。



閑話休題。




予定よりかなり遅れた帰宅になった私、
当然、夕飯の支度もかなり遅れ、
子どものプール(伊賀市の水泳教室in阿山B&G)にちょびっと遅刻し、
「おかあちゃん最悪やぁ・・・。」と叱られちゃいました(TT)





でも、おばあさん、事故とかに遭わなくて何よりでした。ね。
その後、警察からも何も連絡がなかったので、おそらく無事保護されたのでしょう。
何より何より(^^)


しかし・・・
なかなか、経験できないことを経験させていただきましたイヤハヤ(^^;\
[PR]
by pen-p | 2009-07-31 23:19 | 季節・こよみ | Comments(3)
夏休みに必ず一度まわってくるプール当番。
昨日がその日でした。
小1の2人を連れていき、
プールの監視をして、
またその2人を連れて帰ってきました。

いつもなら、通学団の集合場所でさよならするのですが、
何せ小1ひとりだけを、帰すのも気が引け、
もう一人の子が、
「送っていったげよさぁ」などというもので、
家まで送り届けることに・・・。



実は、サンダルを履いていったので、靴擦れが出来ちゃって痛くって(TT)、
出来れば、このまままっすぐ家に帰りたかったのですけれどね・・・。


無事、その子を送り届けて10mほど歩いたところで、
ひとりのおばあさんに声をかけられました。

「あのぉ・・・助けて下さい・・・。」

(た・たすけるって!!!)




「あのぉ・・・警察に電話かけてもらえませんか?」

(け・けいさつって!!!!!)


困ったおばあさんを助けてあげたい。
でも、帰る時間それでなくても遅れてるし、
もう一人送り届けなきゃいけないし、
今日は夜、子どものプールだから早く帰って夕飯してあげなきゃ遅刻しちゃうし、

でも・でも・・・
おばあさんを放ってはいけない・・・なぁ  やっぱり。


一瞬の間にいろんな葛藤が渦巻きながら、
「どうされました?」と声をかけました。


(つづく)
[PR]
by pen-p | 2009-07-31 08:16 | 季節・こよみ | Comments(2)

天気予報

夕べ、NHKのニュースの後に放送されていた天気予報で、
「名古屋 雨時々やむ」
というのが聞こえてきました。

え?やむ?



始めて聞いた天気予報なのでちょっとビックリ!!


普段なら
「雨時々曇り」というのに・・・

言い間違えかしら?
それとも本当に
「雨時々やむ」ってあるのかしら?

ちょっとおもしろかったですね(^^)

聞いたことありますか?
「雨時々やむ」って
[PR]
by pen-p | 2009-07-30 08:15 | にほんご | Comments(2)

梅雨明けぬまま

梅雨明けぬまま夏休みに突入し、はや一週間。
まだ、梅雨が明けません。
そうこうしている間に8月になってしまいます。
8月に入ればもうすぐ立秋。
秋になっちゃいます。

梅雨が明けぬまま秋の長雨なんてことにならないことを祈っています。


各地で大雨や突風・竜巻による被害も聞かれます。
被害にあわれた方、お見舞い申し上げます。
まだしばらくはこの状態のようですので、
皆様もご注意下さいませね。


でも・・・
これだけ照らなくちゃいけないときに、雨ばっかりだと、
今年のお米のできもちょっと不安ですね。
不作の年にならなきゃいいんだけど・・・ね。
[PR]
by pen-p | 2009-07-29 07:27 | 季節・こよみ | Comments(0)

ありがとうございます

今現在カウント数が19999人です。
次の方で20000人。

たわいもない話をただ書きつづっているだけですが、
遊びに来て下さってありがとうございます。


これからも心に浮かぶよしなしごとを
ポチラポチラと書いていきたいとおもっておりますので、
今後も宜敷御願い申し上げまするぅ〜。(笑)
[PR]
by pen-p | 2009-07-27 07:18 | その他 | Comments(3)
いやーぁなニュースがちょこちょこ入ってきてますね。
そう。子どものインフルエンザ脳症。
横浜・栃木・大阪。すでに3件確認されています。


当然、新型とはいえ、インフルエンザなのですから、子どもにインフルエンザ脳症がおこることは充分あり得る話です。
ただ、このインフルエンザ脳症、かかるとかなり怖いです。
患者の30%が死亡し、命が助かった内の25%に後遺症が残っているようです。
でも、注意ったって、注意したらおこらないというようなものじゃないので、こまりものですよね。ただ、気をつければリスクを下げられるものもあるんです。


インフルエンザ脳症には何種類かあるみたいなのですが、
ライ症候群と呼ばれるインフルエンザ脳症は、気をつけることでリスクが下げられます。
子どもが急な熱を出したからって、慌ててつい、家にある大人が病院からもらった解熱剤飲ましたりたりしそうじゃないですか!
でも、絶対そんなことしないで下さいね。
インフルエンザの時、アスピリン類の解熱剤を小さい子が服用すると、ライ症候群を発症することがあるそうなんです。
アセトアミノフェンならそのうちいいみたいなんですけれど、
高熱でたら、とりあえず病院!
病院で処方された薬!
これがやっぱり基本です。ね。


もう一つ、ぜんそくのお子さんをお持ちのかたは、
インフルエンザどうこうというより、
発熱の際、喘息の発作を起こしていても、
決して、テオフィリン(テオドールとかアーデフィリンとか)を発作時用としてもらっていても、飲ませないで下さいね。
発熱の際の、テオフィリンもけいれんを誘発おそれがあるという話を聞いたことがあります。また、けいれん後、脳に障害が残ったという事例があるという話しも聞いたことがあります。


子どもに何かあるとついつい慌ててしまいがちですが、
お母さんが、慌てていい結果がでることは先ずありません。
何かあった時でも、慌てることのないように、シュミレーションを考えておくのも、
今出来ることの1つなのかもしれないなぁと思っています。
[PR]
by pen-p | 2009-07-25 08:29 | 病気 | Comments(0)

いただきます

先日おとうちゃんが地区の卓球をしている子どもらと志摩スペイン村に行きました。

その昼食時の出来事。


お昼に何を食べるか相談し、
バイキングにすることに決まり、
ヤイヤイ言いながら、子どもらを席に着かせて
「みんな座ったか?ほんなら手を合わせて下さい。」と何気なく言ったそうな。
すると・・・
なんの躊躇もためらいもなく、
1年〜5年までの子どもが、

「ありがぁとぉ〜 いただきますぅ〜 (^▽^)」

とでっかーい声でいったそうな。



おにいちゃんが野球の合宿に行ったときも同様に、
半分反抗期に足を突っ込んでる6年生も含め
全員で

「ありがぁとぉ〜 いただきますぅ〜 (^▽^)」

と言ってたそうです。(笑)




たぶんね、
保育園の頃からずーっとメンバーが変わらず1クラスで来ている小さい小学校の子らで、保育園の頃からずーっとご飯を食べる前にはみんなで

「ありがぁとぉ〜 いただきますぅ〜 (^▽^)」

を言ってたから、
ほとんど条件反射なのでしょう(笑)



さすがに中学校へ入ったら言わなくなるかしら?ね。
[PR]
by pen-p | 2009-07-24 07:56 | こども | Comments(0)
さて問題です。

7月21日11時時点の新型インフルエンザの感染者の報告数(累積)は
いったい何人になっているでしょうか?
(ヒント;7月3日18時時点 国内の感染者数  1502人です)

1. 約2000人
2. 約3000人
3. 約4000人
5. 約5000人


1.〜5.の内どれだと思いますか?





答えは、3. 約4000人 です。

夏になって収束するどころか、完全に蔓延しています。
この数は厚生労働省が確認出来ている数なので、
実際には、それ以上いると考えた方がいいと思います。

日本では今のところ、軽症ですんでいますが、
全世界では7月6日時点でさえ、429人の犠牲者が出ています。

お盆で人の行き来が激しくなり、
海外に旅行に出かける人が多くなれば、
当然、その後、1週間ほどでまたたくさんの感染者が出ることは容易に想像できます。
また、
9月になり、徐々に涼しくなってくれば、
加速度的に感染者数が増えていくと思われます。


現に、まだマスクの製造は収まることなく拡大しているようです。
家にマスクのストックのない方は、
まだ、日本国中が落ち着きパニックを起こしていない今の時点で、
きちんと確保しておいて下さい。
パニックが起こってしまえば、大阪・神戸の時のように、
店頭からマスクが消えてしまうということも充分考えられます。


ワクチンが間に合うことを祈って止みませんが、
ちょっと間に合わないかも・・・と思ったりもしています。
[PR]
by pen-p | 2009-07-21 23:44 | 病気 | Comments(2)

かめ吉 リターンズ

3日前の夕方
「おかあちゃん!! かめ吉 帰ってきた!!」
と叫んで台所へ駆け込んできたおとうとくん。
「え?何て?」(何を言い出したんだ??)と
おとうとくんの後をついて行くと、
おとうちゃんに捕まれ手足だけゴソゴソ動かしている1匹のかめが・・・

「なっ!かめ吉 帰ってきたやろ?!」と嬉しそうなおとうとくん。
おとうちゃんに
「そのかめ・・・どうしたん?」と聞くと、
「おばあちゃんが道歩いてたの持って帰ってきた。」とのこと。

うちにいたかめ吉をふたまわりほど大きくしたイシガメで、
かめ吉が甲羅干しに乗っていた石に乗ると、
石からかめがはみ出している状態です(笑)


夏休みのお手伝い。
おとうとくんはお風呂洗い。
おにいちゃんは、かめの水槽荒い+餌やり
で決定いたしました。

これでまた、「うさぎとかめ」が揃いました(^^)/
[PR]
by pen-p | 2009-07-19 23:05 | うちのいきもの | Comments(0)

お坊さん

突然ですが、皆さんは「お坊さん」のことを何と呼んでいますか?

「お坊さん」
「ご住職」
「お寺さん」
「和尚さん」
「お上人さん」


伊賀だからというわけではないと思うのですが、
私のまわりでは、
「おっさん」(「お」の音が高く、「っさん」の音は下がります。)
と呼んでいる人が多いように思います。

あとは、「ぼんやん」とか(笑)

宗派なんかでも呼び方が違うようですが、

皆さんは、何と呼んでいますか?
[PR]
by pen-p | 2009-07-16 23:03 | にほんご | Comments(2)

風のむくまま      気の向くまま      そこはかとなく     書きつづりませう


by pen-p