ぐみごよみ

penchan.exblog.jp

風のむくまま      気の向くまま      そこはかとなく     書きつづりませう

<   2009年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

こらーネコー

うちの家に来たことがある人は周知のことではありますが、
魚がいっぱいおります。
ムツバエ水槽・シラハエ水槽・金魚の蓋つきの入れ物5つ・風呂桶みたいな金魚の入れ物2つ・睡蓮鉢の金魚の入れ物1つ・衣装ケースの金魚の入れ物1つ
色々熱帯魚水槽1つ・グッピー水槽1つ。

現在の状況はこんな感じ。

魚の捕獲及び、繁殖・購入などにより、入れ物の数も変わっていきますが、
それでも普通の家では考えられないほどの魚が家の外でも飼われています。

アライグマの襲撃後、金魚の入れ物は蓋つきになったのですが、
それまでは、蓋のついていないものを使っていました。

当然、猫の襲撃にも再三あっておりまして、
朝学校へ行こうとしたら、目の前に金魚の頭が転がっていた!!なんていう
怖ろしい場面も子どもたちは何度か目にしています。


当然、うちの家では、
ネコ=悪者
の図式が出来上がっております。

ついでに、おばあちゃんが育てている植物にも、
ネコのおしっこがかかると枯れてしまったりするので、
ネコはうちでは毛嫌いされております。

で・・・。


ある日のことでした。

おとうとくんが、家の外で雄叫びを上げ、
ダダーっと走っていきました。
手には金属バットを持っています。

(な・なにごと?)と外に出てみると、
おとうとくんが、金属バットを片手に、家からかなり離れたところで、叫びながら走っています。
「何してるの?はよ帰っておいで!」というと、
「ネコがいたから、おっぱらっててん!」
と褒めてくれ!といわんばかりの顔で答えます(笑)

「ネコおっぱらってくれるのいいけど、
金属バット持って、道走ってたら、あんたが危ない人やと思われるから、
金魚の傍からネコ離れたら、追っかけていかんでもええからな。」
と説き伏せました。

それでも、ネコを見ると、
「こらーネコー!!」と追っかけています(苦笑)

ネコも可愛いのは可愛いのだけれど、
よその家でやんちゃするのだけ、なんとかならないものかしら・・・ね(^^;
[PR]
by pen-p | 2009-05-28 23:49 | こども | Comments(0)
おとうとくんはちょっと変わったものが好きです。

お夕飯を作っていると、
スススッとよってきて、
「おかあちゃん、頂戴!」といいます。

彼が何を欲しがっているかというと、
それは煮干し。
小さい頃から出汁用の煮干しをスナック菓子のようにポリポリ食べるのです。

更に、青ネギを小口切りにして、お味噌汁の上にちらしたり、
冷や奴の上にのせたりしようと小鉢にいれてあると、
それをお茶うけにしてお茶を飲んでいます。
「これがおいしいねん(^^)」

・・・って(^^;


そういえば、おにいちゃんはおにいちゃんで
「冷や奴はお茶や!」
と得体の知れないことを言っておりました。
(何を言ってるんだい?!)と思っていると、
お夕飯の時にその意が判明しました。

冷や奴にねぎも醤油もけずりこも何も付けずに、
そのままパクリ(^0^)

なぁるほど。お茶代わりにしてるってことなんですね。

・・・って


うちの子ら、これでいいんでしょうか・・・ねぇ(^^;
[PR]
by pen-p | 2009-05-26 07:54 | こども | Comments(3)

通り雨を伴奏に

夕方、
「おい!雨ふってきたぞ!」のおとうちゃんの声に、
外に出してあった洗濯物を取り込みに外へ出た私。

乾いているのと乾いてないのをよっていると、
パシャパシャ バシャバシャ バババババババ!!!

突然夕立のような雨あしに。

ひさしのあるところでとりこんでいたので、
はねた雫がかかる程度ぬれながら、
続けてとりこんでいると、

それまでそれほど鳴いてなかったカエルが
雨に合わせるかのように、
グワッ グワッ グワッ グワッ!!
とたくさんたくさん鳴き始めました。

あら!カエルの合唱(^^)
と思っていると、
しばらくして、
桜の木から
チュン チュン チュチュチュチュチュン!!

今度は雨に追われて雨宿りにやってきたスズメの大群。

通り雨を伴奏にまるで雨の音楽会(^^)
とってもにぎやかでした♪

この音楽会。
雨があがると同時に終演となってしまいましたが、
とてもいいものを聞かせてもらいました(^▽^)
[PR]
by pen-p | 2009-05-24 22:27 | 季節・こよみ | Comments(0)
「おかあちゃん。そろそろインフルエンザじっとするかな?」
とおにいちゃんが聞いてきた。
「うーん・・・今始まったばっかやとお母ちゃんは思うけど・・・。」
というと
「ええっ!!」
と驚いていました。

兵庫や大阪の休校措置が解除になり、月曜日からは通常に戻るのだとか。
ずーっと休みにしておくわけにも行かないから仕方ないのだと思いますが、
おそらくまた増えてくるのは必定です。
「普通の風邪と変わらない!」と国会で仰っていた議員さんがいました。
京都の市長さんも
「京都は安心・安全に修学旅行に来て貰える!」と仰ってました。
そんなことを公の場で言ってもいいのかしら?っていうのが私の感想。

子どもにもいいましたが、
今回のインフルエンザ、今始まったばかりだと思うんです。
季節性インフルエンザといわれているものでさえ、
収束するのに1週間2週間では無理なはずです。
ましてや、高校生だけでなく、他の市民や小学生や幼児にも感染が広がっています。
おさまってくれればそれにこしたことはないですが、
まだこれから!と思っておく方が懸命だと思うんです。


パニックになることはない。
けど、
かかる可能性は誰にでもある。
ってことですよね。


でも、ぜんそく持ちのおとうとくんと、
扁桃腺が常に肥大し、EBウイルス感染症で扁桃腺腫れすぎて、息ができなくなり、入院するか?と言われたおにいちゃん。
この2人は絶対かからないように、気をつけないと。
生き死ににかかわる話しにならない保証はどこにもありません。


だから母は、うるさがられても言います。

「お帰り! 手あらった?うがいした?」ってね(笑)
[PR]
by pen-p | 2009-05-22 23:47 | 伊賀上野 | Comments(0)

夏用

私の髪、肩にかかってきたので、
なんだかとってもうっとうしくって、
「ええい!切っちゃえ!!」

いつもの悪い癖がでてしまいました。(笑)


また夜中に工作ばさみでチョキチョキチョキ
髪の毛自分で切っちゃいました(笑)


朝になり、おとうちゃんが
「これ何?(笑)」と言って、私の切った髪の毛をツンツンするので、
「夏用!(^^)」って言うと、
「うさぎみたいやな」と一言。

「うさぎって・・・・」
(・・・・!!!!)

「うさぎなら夏毛に毛生え替わってるやん!
私、別に生え代わりしたんやないで(笑)」


アホな夫婦でございます(^^;
[PR]
by pen-p | 2009-05-21 00:11 | 季節・こよみ | Comments(0)
この数日で様相が一変?!
でも、遅かれ早かれこうなることは十分考えられていた事だと思うんです。
メキシコで発生が言われてから約1ヶ月。
個々が準備するのも行政が準備するのにもある程度余裕が持てたと思います。

日本人の初めての感染者が確認されてからも、
国内発生までには1週間以上の猶予があったわけですし、
「水際作戦」で駆け回って下さった、検疫官の方々に心からお礼を申し上げたいです。
GWの海外組に文句を言われながら、仕事とはいえ懸命にあたってくれたその姿は、
十二分に敬服に値するものだと思っています。
本当にありがとうございました。

兵庫・大阪の医療従事者の方々はこれからしばらく大変なことと思います。
「もうムリ!!」っていうくらい大変だろうとは十分想像できます。
それでも、いざとなれば、やはりお医者様に頼るしかありません。
どうかご自身達のお体だけは守りつつ、医療行為を行って下さい。ね。



ところで・・・。
今一番気がかりなのは、
慢性疾患患者への対応です。
人工透析患者が新型インフルにかかったら・・・。
その患者を受け入れ、インフルの治療をしつつ、透析を行ってくれる医療機関。
残念ながらすぐには見つからないような気がします。
お知り合いの中で、透析を受けられている方がいましたら、
そうなるまえに、どういう行動をとればいいか、
保健所などに相談されてみるのもひとつかと思います。

うちのおとうとくんも、慢性の気管支喘息を持っています。
普通の風邪でも、長引けば、当然発作を起こします。
今回の新型で普通の方とくらべて、喘息患者がどうであったのか、
情報があればいいのですが、今のところ確認できていません。



とにもかくにも、かからぬよう、出来る自己防衛をすること。
あやしければ、迷うことなく診察をうけること。
「自分だけはかからない。」という心を棄てること。
患者となった人に対して、変な偏見をもたぬこと。
(国内感染でかかった人には全く何の落ち度もないのですから・・・)
それが、今わたしたちの出来ることだと思います。


どうかウイルスの変異が起こらないことを心から祈っています。
[PR]
by pen-p | 2009-05-20 01:10 | その他 | Comments(0)
一時、これでもか!というくらい取り上げられていた新型インフルエンザ。
民主党のあれやこれやで、ニュースはそれでもちきり。

まるで、インフルエンザがおさまったかと勘違いしそうなほど。


でもね。
ニュースでも新聞でもあまりクローズアップされてはいないものの、
もの凄い勢いで感染は拡大しています。
しかも、変異のスピードが早いようです。
死亡者も、まだ増えています。
弱毒性という言葉にへたな安心をするとえらいしっぺ返しが待ってそうな気がします。
特に、おとうとくんのような、基礎疾患のある人は、特に注意しておいた方がいいみたい。


新型インフルの情報が気になる方は、
こちらがおすすめ。
http://www.47news.jp/47topics/e/110033.php
新しいインフル情報が入手出来ます。



ただし、うちは、新型インフルの前に、
おにいちゃんが持ち込んだ、ただの風邪のウイルスが只今
家の中で蔓延中。
一昨日はお兄ちゃんが学校をやすみ、
夕べは咳もどし・・・
おとうとくんは、現在発熱中(ーー;
ぜんそくもおこしかけています。(やれやれ)
おかあちゃんも二人にはさまれ寝てるので、
朝喉が若干痛かったのですが、
うがいでどうにかのりきりました。


暑かったり寒かったり。
なかなか体温管理が大変ですので、皆様もお風邪などお召しになられませんよう、
お祈り申し上げます。
[PR]
by pen-p | 2009-05-16 01:04 | その他 | Comments(0)

ひね茶

先日お茶屋さんがみえてくれていたとき、
上茶とかりがねを注文しました。
するとお茶屋さんが、

「もう少ししますと、新茶でご用意出来ますが・・・。」と言ってくれました。
「うちは、ひねでも新茶でもどちらでも結構です。」と答えました。
「わかりました。」と言って、お茶屋さんは帰っていかれました。

その後ふと心にひっかかったのが、
「【ひね】って・・・。」でした。

毎度のことながら、まずは辞典を調べてみましたら、

ひねる 1ふるびる 2おとなびる。ませる。 (新選国語辞典 小学館 より)とありました。

ひねる 【陳ねる・古る】 古びる。老成する。ませる(古語辞典 旺文社)


ひね 【晩稲】 おくての稲


がありました。


名詞の「ひね」(晩稲)が今使っている「ひね」と関係があるかどうかは、ありそうな気はするけれど、あるとはいえないかな?って感じですが、
動詞の「ひねる」が形を変えたであろうということは、想像に難くないと思います。

お茶だけでなく、「そうめんは、「ひね」の方が美味しい」って言ったりしますよね。「このこは「ひねた」子やなぁ」とか。ね。
「ひねた」といっても「ひねくれた子」ではなく、「大人びた子(ませた子)」といった意味です。



「ひね」って言葉みなさんは使いますか?
[PR]
by pen-p | 2009-05-13 23:08 | にほんご | Comments(2)

風のむくまま      気の向くまま      そこはかとなく     書きつづりませう


by pen-p