風のむくまま      気の向くまま      そこはかとなく     書きつづりませう

by pen-p

<   2009年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

千両と鳥と

少し前、2月の中頃の話です。
柿のなりどしだったからか、毎年お正月にはほとんどなくなっている
千両の実が今年は2月に入ってもその赤い実をたくさん実らせていました。

ところが、2月に入りヒヨドリが甲高い声をあげながら、
裏の桜の木にたかるようになりました。
しばらくすると、千両の実を食べにくるようになりました。
当然野鳥ですから、最初警戒心は強く、
人が寄っていけばパッと逃げていました。

数日すると、ヒヨドリが食堂に通うサラリーマンのように、
毎日毎日やってくるようになりました。
おいしそうに赤い実をついばんでおりました。
この頃になると、
人の気配を感じても飛んで逃げず、
千両の木の下に体をかくし、
かくしながらも実をついばんでいました。

あまりにも警戒心をかなぐり捨てた行動に、
カメラを構えて写真を撮ってみました。
c0038424_031463.jpg

c0038424_033239.jpg


決して一眼レフではありません。
ただの安物デジカメです。
それでもこの大きさで撮れているというのですから
笑っちゃいます(^^)


おかげさまで、赤い実はきれいさっぱりなくなってしまいました。
鳥たちも、春の新芽がでるのを心待ちにする季節になってきたということかもしれませんね。
[PR]
by pen-p | 2009-02-27 00:05 | うちのいきもの | Comments(0)

たこ たこ たこ

おばあちゃんが小浜へ行ったお土産に、
生のタコを買ってきてくれました。
トロ箱いっぱいの1匹のタコ。
それはそれは大きいミズダコでした。

最初、生タコの造りをおばあちゃんがつくってくれました。

翌日、タコをさっと湯がいて、ふつうのお造りで頂きました。
しかし、このタコ、本当に大きくて、
足1本で4人前の造りなら楽にとれます。
残りのたこを冷蔵庫にいれたら、
冷蔵庫がたこだらけになってしまいました。(笑)


翌々日、お昼にお好み焼きの具にしました。

たこサラダもつくりました。 

たこご飯も炊きました。

この頃になってくると家族の中でも
「また、たこぉ!」の声がチラホラ。


でもまだ残っています。


たこの酢の物もつくりました。


たこの天ぷらや唐揚げもと思ったのですが、
おばあちゃんから
「固かったら噛めへん!」の一言で却下されてしまいました。

そして最後のひとかたまり。
考えた挙げ句、
前日のふろふき大根の残ったのと一緒に
おでんにすることにしました。

けっこう○でした。


しかし、食べても食べてもなくならないというのは、
嬉しいような困った話しです。
2人暮らし、いいえたとえ4人暮らしでもかなりつらいであろう大きさでした。
6人暮らしの我が家でさえ、食べてしまうのに悪戦苦闘しましたから(笑)


「今日の夕飯何がいい?」
の一言に
「たこと違ったらいい!」
と言ったおとうちゃん。
全てがその一言で語られている気がしました(笑)
[PR]
by pen-p | 2009-02-21 08:15 | ぐみごはん | Comments(0)

春の兆し

昨日、お洗濯ものを干していると、
あまりにお天気がよくって、
空を見上げて深呼吸。

何かが通り過ぎていきました。


ん?


気をつけて空を眺めていると、
スィーと一羽の鳥が頭の上を旋回していきます。

あら!トンビ!!
慌ててカメラを取りに入り、
再び旋回してきたところをパシャリ!!
c0038424_2327669.jpg

c0038424_23315917.jpg

羽ばたくことなく上手に風をとらえて輪をかいていました。
まるでナウシカのメーヴェのよう




裏の畔へ出て、足下を見つめてみると、
あちらこちらに草がお日様をあびて気持ちよさそうにしています。

持っていたカメラを構えると、
あら!? 私の影まで写っちゃう
子どもの頃にやった影遊び。
これは確かイヌ?!(^^)
c0038424_23313892.jpg


ちょっと横に目をやると
c0038424_2332468.jpg

山茱萸の蕾にもう黄色い色がついて暖かくなるのを待っています。



伊賀の寒い里にも
もうすぐそこまで春がきてるんですねぇ。



追而  春だなぁと感じた次の日。
    いっきに冬に逆戻りしています。
    雪でも降り出しそうな
    凍てつく寒さです。
    三寒四温の季節がやってきたということなのかもしれないですね。
[PR]
by pen-p | 2009-02-16 23:37 | 季節・こよみ | Comments(0)
ある日子どもたちに言いました。
「心配せんでも、バレンタインチョコならおかあちゃんにまかせとき!!」
え?なに?っていう顔をするので、
「バレンタインに段ボールにいっぱいのチョコもらっても大丈夫!
 おかあちゃんがぜーんぶ食べてあげるからね☆」と言うと、

「あっか〜ん!!」
とおとうとくんは叫びまくっていました(笑)


こうはいうものの、実際には彼らがもらえるチョコレートはおかあちゃんからのだけなのですけれどね(笑)

明日はバレンタインデー。
チョコを食べないおとうちゃんには今年も町野欣栄堂さんの
イチゴ大福かな?!


結婚するまでは、毎年手作りでチョコのトリフとかロールケーキとか、
ブラウニーとか作ってたけれど、
ここんとこチョコレートのテンパリングもしてないなぁ。
家中チョコの匂いで充満させたら、絶対やめろ!!って言いそうな気がします。
チョコがとりもつ愛どころか、
チョコが原因の夫婦喧嘩はしゃれになりませんので、
やめておきますね(笑)
[PR]
by pen-p | 2009-02-13 23:09 | 季節・こよみ | Comments(0)
11日、子ども達がスポーツ少年団の交流会でスケートをさせてもらいました。
初めてのスケートでドキドキ・ワクワクしているのが伝わってきました。

行きの車の中で
「2時間も滑ったら、真央ちゃんみたいになれるかなぁ?」とおにいちゃん。
「2時間で真央ちゃんは無理。けど手を離して歩けるようになったらええなぁ。」と答えました。
「おかあちゃん、ぼくジャンプとかスピンは無理やけど、スパイラルシークエンスやったら出来るかなぁ?」とおとうとくん。
同級生の女の子がフィギュアをしているので、自分もどうやら出来そうな気がしているのでしょう。
「スパイラルもとりあえず滑れるようにならな、なぁ。」と答えました。

さて、会場のサンピア伊賀では・・・。
小さいリンクにもかかわらず、200人以上はいるであろう子ども達でひしめいていました。
スケート教室だと思って連れてきたのですが、
スケート靴を履いた子ども達が一斉に、それー!!いけー!!!
とばかりに、リンクへなだれ込んでいきます。

ほとんどの子が初めてのスケートだったようで、
壁につかまりながらようやく前に進んでいました。
しかし子どもはスゴイ!
30分もしない間に壁から離れて、ヨチヨチとみんなが歩き始めたんです。
指導らしい指導をする人が誰もいないのにです。
そして、終了間近頃には、よたつきながらもほとんどの子が滑ることができるようになっていたのには本当に驚きました。

子どもの順応の早さには全くもって脱帽です。


え?
うちの子たち?

なんとか2人とも滑れるようにはなれたようです。
スパイラルも真央ちゃんにもなれませんでしたが・・・(^^;
靴ずれができていたかったようですが、楽しかったようです。
「おかあちゃん、次は教えてあげるわ(^▽^)」って言っておりました。(笑)
[PR]
by pen-p | 2009-02-12 23:26 | こども | Comments(0)

天気予報のおねえさん

時々ローカルFM、FM名張を聞きます。
今日も車に乗りながらFM名張を聞いていました。
すると、
これからのお天気です。とおねえさんが話し始めました。
聞きながら何かが私の心の中にひっかかります。
(ん?)
と思いつつ続けて聞いていて気付きました。

  これから6時頃に雨がふります。
  3時頃に雨があがり曇りになります。
  9時頃にはお日様が顔を出します。
  その後お昼の3時頃にはまた曇りになります。

天気予報を「推量」でなく「断定」しちゃってるんです(^^;

天気予報というより旅行の添乗員さんに
旅行の行程を説明されている感じでした(笑)

普通は、○○となるでしょう。といった形で話すのですが、
天気が相手にもかかわらず、予報と言うより予定が決まっているのを報告している感じだったのがとてもおもしろかったです。


じつは、天気予報のおねえさんじゃなく、お天気予言のおねえさん?!
私は未来が見えます!!って?
それはそれで怖いかも(笑)
[PR]
by pen-p | 2009-02-09 23:29 | にほんご | Comments(2)

もず

夕方洗濯物を取り入れていると、
「チチチッ チチチッ」とセキレイの声。
(あっ!セキレイ鳴いてるなぁ)と思っていると、
声の主が桜の木に止まりました。
大きな声でまた、
「チチチッ チチチッ」
(え!?セキレイって木にとまったっけ?
 そういえば、鳴き声もセキレイにしては大きいかも?)
と思い、桜の木をよぉく見てみると・・・

そこには、セキレイとは似てもにつかぬ
モズが。
木の枝に止まりながら長いしっぽを
ピョコリンピョコリンと動かしています。
(?なんでモズ?)
思ったものの、すぐ合点しました。

モズは百舌と漢字で書くように、
他の鳥のモノマネが得意なんです。

それにしても、
モズがモノマネしているそのものを、
間近で見られるなど思っていなかったので、
なんだか得した気持ちになっちゃいました。(^^)/
[PR]
by pen-p | 2009-02-05 08:37 | うちのいきもの | Comments(0)

全員

「全員」
声に出して読んでみて下さい。

さぁ何と読みましたか?

1「ぜんいん」
2「ぜいいん」
3「ぜえいん」

漢字テストなら当然正解は
1「ぜんいん」です。


でも、

発音している音だとどうでしょう?

私は3の「ぜえいん」と言ってる気がします。


今日、車の中でラジオを聴いていると、
あるパーソナリティーの人が、
メールをしようとして初めて、「全員」=「ぜんいん」だと知ったと言っていました。
それまではその人「全員」=「ぜえいん」だと完全に思っていたそうです。
「ぜえいん」と入力して変換できなくって初めて違っていることに気づいたのだとか(笑)

そういえば、お兄ちゃんも「寒い」=「さむい」じゃなく「さぶい」って思ってたらしいからなぁ。
ある小学生が「ほんでなぁ」って言えずに「ほんれな」って言ったたら、
作文にまで「ほんれ」って書いてあったっていう話しもあったし・・・。


話し言葉と書き言葉。
気をつけてみるとまだ、楽しい話が転がっている気がいたします(笑)
みなさんも、探してみたら結構あるかもしれませんよ(^^)
[PR]
by pen-p | 2009-02-04 08:18 | にほんご | Comments(0)

お一日の鯛

新カテゴリー「ぐみごはん」をつくりました。
毎日のごはんを紹介するほどまめではないので、
時々気が向いたときに「ぐみちゃんちのごはん」をご紹介します。

今回は、「お一日の鯛」です。

毎月一日は、神様に鯛をあげます。
その鯛をおさがりで夕飯にいただくのですが、
嫁いだ当初は塩焼きにしていただいていました。
ところが、焼き鯛をおとうちゃんがあまり好きでなかったことと、
造りの方がいい!という意見が家族内にあり、
いつのころからか、お下がりの鯛を造りにすることになりました。

・・・でも
私、かっこわるい話しなんですが、嫁ぐまで、
造りなんてつくったことありませんでした。
それが、いきなり尾頭付きの鯛を造りになんて・・・。
それでも仕方なく記憶を辿りつつ、
TVで造りを造っているのを見つつ、
少しずつ造り方を覚え、何とかそれらしいモノが出来るようになりました。


今日のお造りの手順は
1これが今から造りにする鯛です。
 
c0038424_031259.jpg

 私のことにらんでますね(^^;
 鯛の眼力に負けぬよう頑張ってつくりま〜す

2鯛のうろこをとって、頭をとって、3枚におろしたところです。
 鯛のうろこをとるのは、包丁でこそげるより大根でこすった方が、
 そこら辺に飛び散らなくておすすめです。
 
c0038424_045853.jpg


33枚におろしたものを中骨を骨抜きで抜いて、
 皮をひいて(はいで)短冊にした状態です。
 
c0038424_063017.jpg

 最初皮のひき方が分からず、皮を上にしてひこうとしたら、
 全然とれなくって往生しました。
 皮は下にして、包丁をあてて、まさしく「ひく」と皮がとれるんですね!

4これでできあがりです。
 
c0038424_094032.jpg

 大根のつまは、うちの大根です。
 ピーラーでうすく切ってから千切りにしています。
 かつらむきからの方が本当の切り方なのでしょうけど、
 時間がかかるので、ピーラーで手抜きをしています(笑)

5すぐに食べてもいいのですが、しばらく冷蔵庫にいれてからの方がおいしいです。
 


鯛のお造りおいしかったですよ(^^)/
毎月一日はうちはコレです。
ただし、真夏の7月8月9月だけは、塩焼きにしています。
1日神棚にあがった鯛を生で食べるのはやっぱりちょっと怖いですからね(^^;
[PR]
by pen-p | 2009-02-02 00:13 | ぐみごはん | Comments(0)

合唱

昨日小学校で「うたじまん」がありました。
「うたじまん」っていうのは、要は合唱発表会です。

会場には、子どもたちの親だけでなく、
おじいちゃんおばあちゃん。地域の人。
卒業した中学生や保育園の子も来ていて、
大変大勢の人で小さな体育館はぎゅうぎゅう詰めでした。

小さな体育館の舞台の上で、
1学年1クラスの子どもたちは練習した歌を一生懸命唱っていました。
だいたい1クラス20人少し、
おとうとくんたち2年生は風邪でやすんでいる子がいたので、
15人ほどしかいないのですが、体育館の外にまで聞こえるほどの大きな声で唱っていました。


歌って、それ自体が人のこころの中に水のようにスッと入ってくるものだと思います。
でも・・・
合唱。しかも子どもたちが唱う合唱は、歌手が上手に歌う歌よりずっとこころの奥に届く気がするんです。
先生にいわれたようにがんばろ!
おうちの人に聞いてもらうんだ!
そしてこころを一つにして!
思っている思いが素直な分だけ、上手下手よりもこころの奥にストレートに届く気がしするんです。


合わせて唱うから合唱。
声だけでなく気持ちも合わせて唱うから合唱。
毎日練習してきた数だけこころも合うし
声も合う。
毎年繰り返されるこの小さな小学校の小さなコンサート「うたじまん」
来年も楽しみにしています。(^^)
[PR]
by pen-p | 2009-02-01 10:49 | こども | Comments(0)