ぐみごよみ

penchan.exblog.jp

風のむくまま      気の向くまま      そこはかとなく     書きつづりませう

<   2008年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

お鍋

今日、今シーズン初めてのお鍋をしました。

普段の年ならもう少しお鍋シーズンは先なのですが、
昨日実家の父にいのししのお肉をもらったので、
「ぼたん鍋」をしました。

私、「ぼたん鍋」って作ったことなくって、
どうしようか?と困っちゃいました(^^;
とりあえず、臭みをとるために、味が味噌味だっていうことは知ってました。
お酒も少し入れるのも知ってました。
ゴボウを入れるってのも知ってました。
で、あと何を入れるかが問題でした。

結局、お豆腐と糸こんにゃくと白菜とネギとマイタケを入れました。
個人的には春菊か水菜も入れたかったのですが、
反対に合いそうだったので、入れるのをやめました。
(春菊=虫が食べるもんや というのが、お父ちゃんの持論です(ヤレヤレ))


出来上がって食べてみたら、
肉の臭みもなくこれが結構おいしい(^^)
子どもたちも大人たちからも文句が出ず、食べてくれて一安心でした。
あーよかった(*^^*)


しかし、よくよく考えてみると、
これに大根と人参いれて、糸こんにゃくぬいたら、
豚汁ですよね(笑)



ちなみに、しし肉は、ハムのような塊のお肉で、カチカチに凍っていました。
いのししは、豚肉にくらべて火が通ると固いので、調理するときは、出来るだけ薄く切らないとダメなんです。
ですから、いのししの肉をスライスするときは、カチカチを少し解凍して、
シャーベット状態のものを切っていくと比較的薄く切れます。
解凍完了してしまうと、とてもじゃないけれど薄くは切れません。
いのししのお肉をもらったら、半解凍で切ってみてくださいね。
[PR]
by pen-p | 2008-10-29 23:44 | 季節・こよみ | Comments(0)

ごめんなして

10月23・24・25日は、
上野のお天神さんの秋祭りでした。
小さい頃から毎年のように出掛けるこの祭。
今年はこんな風景に出会いました。

巡行のルートに当たってる通りの家は、
よく家の前にイスを並べてみたり、
家の中から見たりしています。
私が鬼行列を見ていた向かいの家では、
子どもがたくさん集まって、家の中から鬼行列を見ていました。

鬼が窓から覗き込むと、キャー!!といっては、
家の奥へ逃げていきます。
そして、また窓辺へ来ては行列をみて、
鬼が覗くとキャー!!と走っていくを繰り返しておりました。

ところが、鬼行列のメインイベント。
ひょろつき鬼がやってきました。
上野の子なら、一度は泣かされたことがあるだろう最強鬼です。
赤ちゃんや子どもを見れば、寄っていき、顔を覗き込んでは泣かせていきます。

そんなひょろつき鬼も、窓からその子らは見ていました。
最初の鬼は窓から子どもらの方を覗き込み、
案の定子どもらはキャー! を家の奥へ。
ところが、3番目の鬼は・・・

「ごめんなして」といわんばかりにこんなことに(笑)
c0038424_8132039.jpg


「ギャー!カナン!入ってこんといてぇ!!」と大騒ぎに(笑)

おにいちゃんより大きいだろう子どもたちは、
思いもよらぬ訪問客に、絶叫しておりました(笑)

まわりで見ていた人達が大笑いだったのは言うまでもありません。



招かざる客となってしまった鬼さんです
c0038424_8185745.jpg


確かに、こんな顔で「ごめんなして」と来られたら、
怖いわなぁ(^^;
[PR]
by pen-p | 2008-10-28 08:19 | 伊賀上野 | Comments(0)

季節を教えるモノ

今頃になると、朝、真っ白な世界が伊賀上野の盆地を覆います。
それはそれは、信じられないくらいの真っ白さ。

そして、この真っ白な世界がはじまると、
(あぁ秋も深まってきたなぁ・・・もう少ししたら冬になるなぁ)と思い始めます。

同じ伊賀地方でも、名張の方ではあまり霧が深くないようで、
高校の頃名張から通っていた子らは、
伊賀神戸の駅で乗り換える時、
あまりの白い光景にビックリしたとよく話してくれていました。


この写真は、真っ白の景色から少し霧が上がってきたところです。
真っ白な景色は、写真にとっても真っ白でなんにも写らないので、
お日様がでかけて霧が少し上がって来たところの写真です。

c0038424_22554179.jpg


この霧が出ると、その日は決まって晴れ!!
伊賀の秋の風物詩です。





そういえば、今日23日から上野のお天神さんの秋祭りがはじまります。
23日 宵宮
24日 足揃え
25日 本祭り

今年は本祭りが土曜日かぁ。
人いっぱいくるかしら?お天気はどうかしら?

もしお祭りに行ったら、また報告しますね☆
[PR]
by pen-p | 2008-10-23 22:58 | 伊賀上野 | Comments(2)

SAME MOON

夕飯の買いだしの帰り道、ふと目の前が明るくなる。
どうやら今日は満月らしい。
さやかなる月の光を見ながら、
そういえば、十三夜もすんでしまったなぁなんて思っていました。

SAME MOON

いつだったか、
どこだったかで聞いた言葉。


遠く離れたみんなもこの月を見てるかしら?

世の中便利になったもので、どんなにバラバラな場所にいても、
今どうしているのか、何しているのか、
聞くことや、読むことのできる手段が沢山あります。
その恩恵を私も沢山受けています。


でもたまには、こんなふうに、
確認できはしないけれど、
思ってみるのも悪くない。


・・・SAME MOONって。ね。
[PR]
by pen-p | 2008-10-16 01:18 | 季節・こよみ | Comments(0)

バースデープレゼント

実は今日私のお誕生日だったんです。
めでたくもありめでたくもなしなのですが、
子どもにとってはお誕生日と聞くとなんだたワクワクするようです。

でも、昨日。
おにいちゃんが言いました。
「おかあちゃん。お誕生日のプレゼント、釣り針と釣り糸とウキがいいよなぁ。」
・・・おにいちゃん。それは、私が欲しいモノじゃなくって君がおとうちゃんに買ってもらいたいものなんじゃぁ・・・。

今日おとうちゃんが言っていました。
「おかあちゃん、誕生日やし、金魚買いにいかななぁ。」
・・・おとうちゃん。それは、私が欲しいモノじゃなくっておとうちゃんが買いたいものなんじゃぁ・・・。


そして、それぞれの欲しいモノをGETしたようです。


それでもおにいちゃんは、自分のお小遣いから、
おかあちゃんにバースデープレゼントをくれました。
チョコの好きなおかあちゃんにと[チョコセット]をくれました。
いちごのキョロちゃんと黒糖のキョロちゃん。チョコレートケーキとたけのこの里。
1億円って書いたでっかいおつまみ
でした。

その[チョコセット]、「ありがとう」と言って、机の上に置き、用事をして戻ってくると、
黒糖のキョロちゃんが開いています。
(???ん?誰が開けたの?)と思っていたら、
チョコ好きのおとうとくんがついつい開けてしまったのだそうです。
「ちょっと開けてみてんか!!」とのこと。
「食べたかったら少し食べてもいいよ。」と
最初の1つだけ食べてから箱を手渡してやると、
「おかあちゃんもう1個食べる?」と何度も持ってきます。
そう!「おかあちゃんもう1個食べる?」と持ってきては、
自分の口に1個入れていました。(笑)
・・・おとうとくんよ、お前もか・・・です(^^;

・・・うちの子ども+おとうちゃんは、
おかあちゃんの誕生日を理由にしてたような気がせんでもないのですが、
「お誕生日おめでとう」と言ってくれた顔がニコニコ顔だったので、
それだけで、十分プレゼントをもらっているなぁと思いました。
ありがとう♪
[PR]
by pen-p | 2008-10-12 23:30 | こども | Comments(2)

はい!おみやげ!

おとうとくんの遠足、ピッカピカのお天気でよかった\(^▽^)/
ピカチュウおにぎりのお弁当を持って、嬉しそうに出掛けていきました。


近いところへの遠足だったので、2時頃にはもう帰ってきました。
それでも嬉しそうに「ただいまぁ」といってたので
楽しかったのだろうってことは容易に想像出来ました。

すると
「おかあちゃん。はい!おみやげ!」といって、
ポケットからごそごそと何やら出してきます。
(ん?)と思いつつ、
てのひらを広げて出してみると、かわいらしいどんぐりが1つピカピカ光っていました。
「え?おかあちゃんにおみやげ?」と尋ねると、
「うん!!!」と元気に笑顔で答えていました。


かわいい小さな秋をおみやげにもらいました(^^)v
[PR]
by pen-p | 2008-10-09 22:54 | こども | Comments(0)
おとうとくんこの前遠足のはずだったのですが、雨で延期になってしまいました。

この子授け地蔵の子らは、どうも強烈な雨男か雨女がいるようで、
遠足といえばきまって雨だったり傘の心配をしなきゃいけないんです。


保育園の年少さんのときなんて、
春も秋もどちらも雨で、
リュックサック背負って保育園の中、年長さんと手を繋いで歩いて、
遠足ごっこをしたそうです。
ところが、初めての遠足と2回目の遠足が遠足ごっこだったものですから、
おとうとくん、遠足っていうのは保育園の中歩くことだって思ってたんですよ(笑)

卒園旅行も雨でしたし、
1年の春はずぶぬれで帰ってきました。
秋は、これでもか!っていう晴天だったのに、帰る頃にはシビシビと降り始める始末。


明日は延期の遠足。
晴れるんだか雨なんだか。
とりあえず、2こ目のおべんとう入れてやんなきゃね(^^)
1こ目はポケモンボールおにぎりだったから、
つぎはやっぱりまたピカチュウかなぁ?(笑)
[PR]
by pen-p | 2008-10-08 08:25 | こども | Comments(0)
香りが季節を教えてくれるってことありませんか?

春先なら沈丁花の香り
夏ならキュウリの切った時の香り
秋なら金木犀の香り
冬ならおでんかな?


もっと沢山季節を教えてくれる香りがありますが、
みなさんはどんな香りに触れるとどんな季節を思い浮かべますか?



私にとって金木犀の香りはちょっと特別。
毎年、「もうすぐおたんじょうびだね。」と教えてくれます。
すっかり誕生日を忘れていても、ちゃんと誕生日前になると、
どこからともなく香りがちゃんと私のところへやってきて教えてくれるんです。
今年もすっかり忘れていましたが、ちゃんと昨日あたりから、家の外で香りを漂わせています。(^^;
嬉しいような・・悲しいような・・・

!!!

そっか!
悲しがらずに、
金木犀の香りは、自然からの誕生日プレゼントだって思えばいいんですよね(^▽^)
[PR]
by pen-p | 2008-10-07 08:48 | 季節・こよみ | Comments(0)

井の中の蛙

お誕生日のプレゼントの1つ「漢字の本」を読んでいたおとうとくん。
おとうちゃんに何か問題を出して!とお願いをしました。

そこでおとうちゃん、漢字の読みではなく、ことわざの問題を出してくれました。

「井の中の蛙・・・この後はなんて言う?」

う〜ん・・・
しばらく考えていたおとうとくん。

「井の中の蛙・・・大概(たいがい)を知らず!!」
と大声で答えていました。

たいがいを知らずって・・・
おかあちゃんは大爆笑してしまいました。


「それじゃぁ・・・
 井の中の蛙・・・互い(たがい)を知らず!!」

そりゃ、それぞれの井の中にいたら、蛙どおし顔を合わすことがないから、
たがいを知ってはいないでしょう(笑)


おとうとくんおもろ過ぎです。
おかあちゃんはお腹のかわがよじれそうなほど笑わせていただきました。
覚えるならもっとちゃんとおぼえておくんだよ。ね!
[PR]
by pen-p | 2008-10-04 00:05 | こども | Comments(0)

子授け地蔵

おとうとくんらの学年のクラスが「子授け地蔵」のようだと以前書いたかしら?
もってもらう担任の先生が次から次から子どもが授かっちゃうんです(^^;


【保育園 年少さん】
 1年もってくれた担任の先生が、彼らの担任が終わると同時に、
 妊娠・結婚の為、保育園を離れてしまいました。
 慣れた先生が担任を離れるだけじゃなく、園からもいなくなってしまって、
「保育園いかへん!」と言い出して、それはそれは大変でした(^^;



【保育園 年中さん】
 年中さんの担任をもってくれた先生には、夏の保護者懇談会の時に、
「妊娠したので秋には産休に入ります」と報告されました。
 ようやく慣れてきたところでまたもや妊娠のため、担任が替わることになりました。



【保育園 年長さん】
 年中さんの11月から引き継いでくれた先生が、そのまま年長さんの担任の先生に
 なってくれました。
 ところが、この先生も2人目を妊娠し、11月末で担任が替わってしまいました。



【小1】
 年長さんの11月から受け持ってくれた先生と小1の担任の先生は、
 妊娠されることもなく、産休をとられることもありませんでした。


・・・で、しばらく、「子授け地蔵」から離れていたのですっかり忘れていたのですが・・・
やっぱり彼らは「子授け地蔵」だったようです。



【小2】
 春の家庭訪問に担任の先生がみえたとき、
「この学年の子らは、どうも子授け地蔵のような子たちで・・・」と話したら、
「2人目欲しいんですけどね。」とおっしゃっていました。

 今週の頭から学校をやすんでいた先生。
(もしや?!・・・まさかねぇ)と思っていたら、
 やっぱり妊娠されていました。
 切迫早産だそうで、学校を休職されるのだそうです。
 というわけで、担任の先生がまたまた変更されることになりました。


恐るべし!「子授け地蔵くんズ!!」


どこまで続くんだろう?妊娠・出産・担任変更(^_^;
まぁおめでたいお話ではありますけれどね(^▽^)
[PR]
by pen-p | 2008-10-03 00:11 | こども | Comments(0)

風のむくまま      気の向くまま      そこはかとなく     書きつづりませう


by pen-p