風のむくまま      気の向くまま      そこはかとなく     書きつづりませう

by pen-p

<   2008年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

微妙なるコラボ

裏の桜の木に、
鈴なりのすずめがたかっておりました。
チュンチュン チュンチュン とそれはそれは大騒ぎ。

なにごと? と最初は思ったのですが、
裏の田んぼの稲穂の頭をたれているようすを見て、
一目瞭然。

目的はただ一つ!
田んぼのお米でした。

秋だなぁと思ったその矢先。

えらい勢いで、
ミーンミンミンミン!!!
と鳴き始めました。


チュンチュンチュンチュン ミーンミンミン

なんとも騒がしい、夏の終わりの一こまでした(笑)
[PR]
by pen-p | 2008-08-28 23:31 | 季節・こよみ | Comments(0)

旅立ちの時

金曜日の朝のこと、
家の外の電線に鳥が止まっているので、「何の鳥だろう?」とよく見てみると、
沢山のツバメ。


c0038424_23214894.jpg


(そろそろ越冬しに帰るのかしら?)と思っていたら、
その後の気候ったら、季節が急に進んだように肌寒いくらいの日が続いています。


世の中の生き物の中で一番季節の移り変わりに鈍感なのは、
私たち人間なのかもしれませんね(^^)
[PR]
by pen-p | 2008-08-25 23:24 | 季節・こよみ | Comments(0)

こどもと花火

お盆に実家に帰ったとき、
子どもたちと花火をしました。

最初は普通に手でもって楽しく花火をしていたのですが、
とつぜん、おとうちゃんが、実家の母が育てている植木鉢に花火を数本立てて、
着火!!!

子どもたちは大喜び!
♪はっぴーばーすで とぅーゆー♪って唄ってました(笑)

何でやねん!

子どもの中の下から2番目が、
「おばあちゃん!おっちゃん悪いことしてる」って密告していました。
あとでおとうちゃんは「コレ!!」って母に叱られていました。

それを見た子どもたちまたまた大喜びでした(笑)


いつまで経ってもおとうちゃん、子どもみたいなんですもの
困っちゃいます(^^;ね。
[PR]
by pen-p | 2008-08-19 00:25 | こども | Comments(0)

みずはぎ

お盆も近づき、昨日おばあちゃんが、
「ミズハギ、買いに行くから忘れてたら言うてな。」と
おにいちゃんに言っていました。

横で、何も言わずにその話を聞いていたおとうとくん。

おばあちゃんがしばらくして、ミズハギを買って帰ってくると、
開口一番おとうとくん
「おばあちゃん。みずおはぎ 買ってきた?」と言うのです。

「みずおはぎ??」

おとうとくんの横にいた私は
頭の中が???だらけに。

次の瞬間!!!!

そうです。おとうとくんはミズハギが花だということをしらなかったんですね。
それで、前日食べた水饅頭とおはぎの記憶があったので、
「みずおはぎ」っていうお菓子があるとどうやら思い込んでいたようです。
甘いもの好きの彼ならではの勘違いですね(^^)

真剣そのもののおとうとくんが、とてもかわいらしかったです。よ。(笑)


※ミズハギはこの辺ではお盆にお墓にあげるお花の1つです。
[PR]
by pen-p | 2008-08-12 07:50 | こども | Comments(0)

言い伝えあれこれ 2

先日、気象予報士さんがテレビで、
「積乱雲のよくできる気圧配置というのは、一度できるとなかなか解消されず、数日続くこともあります。」といった内容のことを言っていました。


!!!

なるほど、とその話を聞いて妙に納得した私。

「夕立三日」

小さい頃おばあちゃんがよく言っていたのを思い出しました。

昔の人達は、気圧配置云々なんて、全く知らなかったのでしょうけれど、
経験で、一度夕立が降れば、何日かは続けて降る可能性が高いというのを知っていたのでしょう。

たかが言い伝え、されど言い伝えです。ね。


でも、最近こういった言葉って誰も言わなくなってきているのでしょうか?
あまり口にしている人を見かけないような気がします。
[PR]
by pen-p | 2008-08-09 08:16 | にほんご | Comments(0)

言い伝えあれこれ

昨日あるクイズ番組で
「1にほめられ。2にふられ。3にほれられ。4に風邪。
これは何のことを言ったものでしょう?」

という問題がだされていました。

回答者は、何だろう?という感じでしたが、
みなさん、これって普通に小さい頃から言いませんでしたか?

私が知っているのは、一寸違うのですが、

「1褒め。2そし(誹る)。3ほれ)惚れる)。4風邪。」です。

くしゃみをした回数を数えて、「あっ!誰かに褒められてる!」なんて良く言ったものです。

くしゃみをすると
「あっ!誰かが噂をしてる!」っていうのもよく似た発想ですよね。


昔からごく普通に生活のなかにあった言い伝え、もしかすると最近ものすごく希薄になってきているのかもしれないなぁと思いました。
[PR]
by pen-p | 2008-08-08 08:00 | にほんご | Comments(0)

夏の宝石

洗濯を干しながらふと見ると、
キラッと何かが光って見えて、
そちらの方をジッと見ると、


c0038424_2251631.jpg



がありました。

バイカウツギの枝に蝉の抜け殻。

(!!)
ということは、長い間、うちの庭でじーっと時が来るのを待っていたんですね。
ちょっと感慨深いです。

キラリと光る抜け殻はまさに、夏ならではの宝石ですね(^^)
[PR]
by pen-p | 2008-08-06 22:54 | 季節・こよみ | Comments(0)

野球大会

土曜日・日曜日と子どもの野球大会がありました。

日曜日はお茶当番にあたっていたので、朝早くからでかけておりました。
朝早く出なければならなかったので、おにいちゃんは食べたのですが、
私は食べる時間がなく、朝食抜きで出掛けました。

第1試合の後、昼食を子ども達に食べさせるという最初話をきいていたので、
(その時に一緒に朝昼兼用で食べたらいいや!)と思っていたのが甘かった(TT)

いつまで待っても食べる気配がありません。
仕方なく、こっそり隠れて菓子パン1個だけ食べたのですが、
子どもに冷たいタオルを渡したり、
そのタオルを洗ったり、
監督・コーチにお茶やコーヒーを出したりと
結構することが多くって、
自分の水分までなかなか気がまわらなかったんです。

すると、途中で、心臓がドキドキしてきました。
気持ち悪くなってきました。
(あっ!あかん。しんどなってきたなぁ)と思っていたところに、
家で留守番していた筈のおとうとくんが、
「おかあちゃんコレ!」と言ってポカリを持ってきてくれました。
「ありがとう!」といってポカリ1本500mlを一気に飲み干してしまいました。

するとどうでしょう。
あれほどドキドキいっていた心臓も、気持ちがわるかったのも、
一気にジッとしたのです。

どうやら、おとうちゃんが試合を見に来るついでにポカリを差し入れしてくれたのですた。
たかがポカリ。されどポカリ。
1本もポカリで命を救われた気持ちがしました。(ちょっと大げさかな?)
それくらい、身にしみる1本でした。

もうすぐ秋が立ちますが、まだまだ酷暑です。
くれぐれも熱中症には気をつけてくださいね。
やっぱりご飯は食べなきゃダメだし、
水分もちゃあんととらなきゃダメですね(笑)
[PR]
by pen-p | 2008-08-05 07:59 | 季節・こよみ | Comments(0)