<   2008年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

さいごうどん

遊び方の記憶は随分あやふやなのですが、
手遊び歌をもうひとつ。

♪ いちかけ にかけ さんかけて しかけて ごかけて 橋をかけ
  橋の欄干に腰をかけ は〜るか向こうを眺めれば
  17 8 のねぇさんが 片手に線香 花を持ち
  「ねぇさん ねぇさん どこいくの」
  「わたしゃ九州鹿児島の 西郷隆盛 娘です 明治10年3月に
   撃たれて死んだ父親の お〜墓参りをいたします。」
  お墓の前で手を合わせ 南無阿弥陀仏と目に涙
  も〜しこの子が男なら 師範学校を卒業し
  アメリカ言葉を習わせて 梅にうぐいす ホーホケキョ
  ホーホーケキョと鳴いたなら そ〜れでいっかん終わりです ♪

子どもが歌う手遊び歌にしては、エライ内容ですが、
学校帰り、町の真ん中で大声出しながら間違いなく子どもの頃歌っていました。

内容が薩摩のさいごうどん なので、この地域限定というよりは、
全国的に明治以降歌われていた歌だろうと想像できるのですが、
皆さんはこの歌歌ったり、聞いたりしたことありますか?
[PR]
by pen-p | 2008-02-29 08:22 | わらべうた・てあそびうた | Comments(12)

ゴム跳び

ふと思い出したのですが、
子どもの頃良くゴム跳びをしました。

しかも、ただ跳ぶだけでなく、
歌をつけたりもしていた記憶があります。

「だるまさん だるまさん にらめっこしましょ わらうとまけよ あっぷっぷっぷ」なんかもありました。

それに合わせて、こんな歌がありました。


♪ きしかがやく 日本の あいこでアメリカヨーロッパ
  パリ フランス ドイツ どいつもこいつも 生意気だ
  外国のかねが鳴ります キンコンカン


歌詞から考えるとおそらく戦時中につくられたものであろうと想像ができるのですが、
そんなことは、子どもの頃何とも思わず、大声でうたっておりました(笑)


こんな風な歌、みなさんはご存じですか?
[PR]
by pen-p | 2008-02-28 01:10 | わらべうた・てあそびうた | Comments(4)

おじゃみ3

おじゃみは続くよどこまでも〜♪

というわけで、続きです(笑)

【パート2】
お手あげ お手あげ おさら
お手あげ お手あげ おさら
お手あげ お手あげ おさら
おみんな おとして おさら

1)お手上げお手上げおさら

で、最初基本の右手のひとつを上に上げ、その間に、下のひとつを右手でつかんで、左手の甲に乗せ、落ちてくるおじゃみをキャッチします。

2)次のお手上げお手上げおさら

では基本の右手のひとつを上にあげ、その間に下の2つを右手でつかんで、左の手の甲に乗せ、落ちてくるおじゃみをキャッチします。

3)次のお手上げお手上げおさら

では、手の甲に乗せるのを3つにします。

4)おみんなおとしておさら

は、【パート1】のおみんなおとしておさらと同じ動きをします。



【パート3】
ちっちゃい橋 こぐれ(くぐれ)
たぁりません
ちっちゃい橋 こぐれ
たぁりません
ちっちゃい橋 こぐれ
たぁりません
おみんな おとして おさら

1)ちっちゃい橋 こぐれ(くぐれ)

では、基本のひとつを上にあげ、その間に、下のひとつを左手の人差し指と親指をゲートボールのゲートの様にし、そこへおじゃみを通し、落ちてくるおじゃみをキャッチします。

2)たぁりません

は、左手のゲートボールのゲートのようにした手を返し、その際、1)でくぐらせたおじゃみがその手に当たらなければセーフ。当たればアウトとなります。

2)次のちっちゃい橋 こぐれ(くぐれ)

では、左手に通すおじゃみを2つにします。とおしたら、たぁりませんと言って、左手を返しておじゃみに当たるかどうか確認します。
その次は3つで同じようにします。

3)おみんなおとしておさら

はまた【パート1】のおみんなおとしておさらをします。



【パート4】
おっきい橋 こぐれ
たぁりません
おっきい橋 こぐれ
たぁりません
おっきい橋 こぐれ
たぁりません
おみんな おとして おさら

1)【パート3】とほぼ同じですが、左手が、指の間でなく、ちょうど着物のたもとに当たる部分におじゃみをとおします。
2)全て出来たら、おみんなおとしておさらをして、これでパーフェクト!!です。

ちなみに、私が小さい頃、おばあちゃんが着物のそでにおじゃみをぶつけていた記憶は、おそらく、この「おっきい橋 こぐれ」の時におじゃみをくぐらそうとしていたのだと思います。



このおじゃみの手遊び歌を実際、やってみたのですが、かなり難しかったです。
特に、【パート2】の手の甲に乗せるのが、何度やっても、甲に乗らず、遠くへ飛んでいってしまいます。(^^;
【パート3】の指の間を通すのも、結構至難の業です。

80歳を超えたおばあちゃんは、私に教えながらそれは上手に手の甲へ乗せ、指の間におじゃみを通しておりました。
顔は満面の笑み。
まるで娘時代に戻ったかの笑顔はとても素敵でした。
一週間に一度訪れ居る老人のデイサービスへ今度おじゃみを持っていこうかしら?と
嬉しそうに話されておりました。
おそらく、80歳くらいの人達には、とても懐かしい娘時代の思い出そのものなのだろうなぁと思いつつお話を伺いました。

今回、こんな機会があって、昔の記憶の断片を形にすることが出来ましたが、
やっぱりおばあちゃんやおじいちゃんの話というのは、出来るだけ聞いておくといいのですね。
おじいちゃんおばあちゃんには当たり前のことでも、
今受け継がれていないモノというのが、かなりあるような気がしてなりません。
せっかく受け継がれてきたモノ。
今に生きる者が次ぎの時代に生きる者に途切れさせず、受け継いでいきたいなぁと思った今回の出来事でした。
[PR]
by pen-p | 2008-02-27 00:18 | わらべうた・てあそびうた | Comments(0)

おじゃみ2

おばあちゃんに教えて貰ったおじゃみの歌を紹介しようと思います。
おじゃみの個数で歌う回数が変わるので、今回は4つのおじゃみでする場合を紹介したいと思います。

【パート1】
おひとつ おとして おさら
おふたつ おとして おさら
おみんな おとして おさら

【パート2】
お手あげ お手あげ おさら
お手あげ お手あげ おさら
お手あげ お手あげ おさら
おみんな おとして おさら

【パート3】
ちっちゃい橋 こぐれ(くぐれ)
たぁりません
ちっちゃい橋 こぐれ
たぁりません
ちっちゃい橋 こぐれ
たぁりません
おみんな おとして おさら

【パート4】
おっきい橋 こぐれ
たぁりません
おっきい橋 こぐれ
たぁりません
おっきい橋 こぐれ
たぁりません
おみんな おとして おさら


このような歌なのですが、遊び方が大きく4つのパートに分かれています。
基本姿勢は1つのおじゃみは右手に持ち、後は下に置いておきます。

【パート1】では
1)「おひとつ」で右手のおじゃみを上にあげている間に下の1つをつかみ、落ちてくるおじゃみをキャッチします。
2)「おとして」で右手の2つのうち1つを上にあげている間に、もう1つを下に落とします。上から落ちてくるおじゃみをキャッチします。
3)「おさ」で1)と同じように
4)「ら」で2)と同じように遊びます。

5)「おふたつ」で右手の基本のおじゃみを上にあげているあいだに下の2つをつかみ、落ちてくるおじゃみをキャッチします。
6)「おとして」で右手の3つのうち1つを上にあげている間に、残りの2つを下におとします。上から落ちてくるおじゃみをキャッチします。
7)「おさ」で5)と同じように
8)「ら」で6)と同じように遊びます。

9)「おみんな」は右手で基本のおじゃみを上げている間に、残りの全部をつかみ、落ちてくるおじゃみをキャッチします。
10)「おとして」は右手の1つを上へあげている間に残りの全部を下に落とします。上から落ちてくるおじゃみをキャッチします。
11)は9)と同じく
12)は10)と同じようにします。

これで【パート1】が終わります。
【パート1】がクリアー出来ると【パート2】にうつります。
何人かでする遊びだそうで、途中で、おじゃみを掴み損ねたりして失敗すると、隣の人に代わっていくのだそうです。そして、失敗せずに続けられた子は次次とすすめるのだそうです。
というわけで、長くなってきましたので、【パート2】の遊び方は次回へつづきます。(いったい おじゃみでどこまで続くのかしら(笑)ね。)
[PR]
by pen-p | 2008-02-22 08:29 | わらべうた・てあそびうた | Comments(0)

おじゃみ

「おじゃみ」と聞いて、何か皆さんはおわかりになるでしょうか?

「おじゃみ」とは、「おてだま」のことです。

先日、あることから、「おじゃみ」を使った手遊び歌って何かあったっけ?という話になったのですが、全然思いだせません。むか〜し私が小学校へ上がる前に、祖母に教えてもらった「おじゃみ」遊びの中に、着物のたもとに「おじゃみ」をぶつけるような仕草のものもあったのですが、どんな風にしたのかすっかり忘れてしまっていました。
そこで、遠い親戚のおばあちゃんに尋ねてみることにしました。

おばあちゃんを「おじゃみ」を持って訪ねると、
「え?こうすんねんして。」とやって見せてくれました。
なかなか技としては高度な技で早速出来そうにはありませんでしたが、
80歳を超えてなお「こんなん、なんぼでもできるわして。」とニコニコ歌いながらすばやく手を動かしながら教えてくれました。

ところが、今回その親戚のおばあちゃんが見せてくれた技の中に、
記憶の断片になっていた「おじゃみ」遊びがあったんです。
亡くなったおばあちゃんが見せてくれた「おじゃみ」遊びが
記憶の断片が記憶として甦った瞬間でした。

なんだか亡くなったおばあちゃんとの思い出を一つ拾った気がしてとても嬉しく思いました。

詳しいおじゃみの手遊び歌については、次に詳しく書きたいと思います。
お楽しみに(^^)v
[PR]
by pen-p | 2008-02-17 14:49 | わらべうた・てあそびうた | Comments(0)

エコボトル

昨日は思いがけず、春の陽気でしたが、今日は雨。
この雨の後はまたまた寒くなるのだとか。
上野の天気予報は、雨のち雪です。
♪雨は夜更けすぎに 雪へと変わるだろう♪
っていうお天気なんだそうです。

三寒四温というか、六寒一温です(笑)

まだまだ寒い中、今うちではペットボトルが意外な活躍をしています。

うちでは電気毛布とか、電気アンカなどという代物を使用していませんでした。
が、あまりの寒さに子ども達が、
「おかあちゃん、寒い。」というので、
ふと思い付きペットボトル(500ml)に瞬間湯沸かし器の一番熱いお湯を入れて、毛布の間にいれてやりました。
これがとても好評で、毎晩入れて!ということになりました。

しかもこのペットボトルの湯たんぽ、温度が時間につれ下がっていくので、
寝汗をかいたり、朝おきにくかったりしないんです。
更に、このお湯、朝洗面器にあけて顔を洗うと、水でなくお湯でなくちょうど良い温度。

なんだかちょっとだけ、エコロジーです。(^^)

このエコボトル。とっても簡単。
寒い夜、一度試してみては如何ですか?
[PR]
by pen-p | 2008-02-12 08:38 | こども | Comments(0)

雪の降った次の日

久しぶりの大雪の次の日、
久しぶりに太陽の光が戻ってきました。

前日につくった家の前のゆきだるまは、
キラキラ光りながら、溶けておりました。

c0038424_1142332.jpg



   ひかり満ち かげ流るるや ゆきだるま

せつなく 美しく 春をこう なんとも不思議な景色です。
[PR]
by pen-p | 2008-02-08 11:45 | 季節・こよみ | Comments(0)

母と子どもとゆきだるま

昨日の雪は結構積もりました。
私は小さい頃から雪が積もるとやもたてもたまらず、
外へ出てゆきだるまをつくりました。

大人になった今も相変わらずです。

ところが、雪が積もっているのに、うちの子たち、テレビの前から動かず部屋の中なので、
「ジャンバー着て出ておいで〜!!」と呼んでみました。
「え〜どっか行くの?」と言うので、
「どこも行かへんけど、早よおいでぇ。」とだけ言って外へ出ました。
車の上の雪で、母は30センチくらいの雪だるまをつくりました。

ちょうどその時、しぶしぶ子ども等が出てきたので、
「ゆきだるま作ったよ。」と言うと、
「僕もつくる!!」とふたりともようやくエンジンがかかったようでした。

♪ラ〜ラララ ララッララ 塊魂っ♪と歌いながら雪の玉を転がしていくお兄ちゃん。
その横で、お兄ちゃんのするようにマネして転がすおとうとくん。
最初は調子の良かったふたりも、しばらくすると、歌が聞こえてこなくなりました。
「ん?」と思っていると
「おかぁちゃん!!えらいことや。ちょっと来て!」と言うので、
「どうしたん?」と尋ねると、
「雪動かんようになってしもた!」と言うのです。
よその家の前で止まってしまっていたので、母はその後、家の前までころがしました。
そして、頭をのせてきれいな雪でお化粧をして、目をつけ手をつけバケツをのせて完成しました。

すると今度はおとうとくんが、
「おかあちゃん、全然動かへん。」というので、見に行くと、
お兄ちゃんの1.5倍ほどの雪玉ができていました。
おとうとくんは、雪だるまを作るつもりではなかったようで、
大きな雪玉が出来て喜んでいました。
でもせっかくなので、
「頭つくって雪だるまにしたら?」というと、
思い出したように頭をのせていました。


それがこれです。
c0038424_031460.jpg


ちなみにおにいちゃん作はこれ
c0038424_035172.jpg


それぞれらしい雪だるまになりました。
手は冷たかったのですが、なかなか楽しい雪だるまつくりでした。
大人になっても覚えてるかしら?ね?
[PR]
by pen-p | 2008-02-05 00:05 | こども | Comments(0)

雪の節分

今朝外を見ると雪。
確かに昨日の天気予報で雪が降るとはいってたけれど・・・

窓の外の千両もどこにあるのかわからないくらいのわたぼうしです。

c0038424_8433262.jpg



今日は節分。

雪の中お買い物行って、

イワシを焼いて、
お寿司をかぶって、
豆を数えて、
豆まいて、
お祝い致しましょう。
[PR]
by pen-p | 2008-02-03 08:45 | Comments(0)

食べ物というモノ

口にするものを売っているという、
作っている、
買っている、
ということを頭の真ん中に据えて欲しい。

今回の中国製品の中毒事件は明らかにそこのところに全てが起因している気がします。
売れるモノ=見栄えの良いモノが最優先となり、
食べられるモノという一番大事なところが完全に欠落しています。

今回の事件と北海道や三重県など相次いだ表示の偽装とは全く本質が異なる事件です。
いっしょにしては絶対にいけない。
なぜなら、日本の表示義務違反は、食べられるモノであることが大前提にあり、
それを、作りたてか否か・産地があっているか否かという話であり、
食べるモノの中に、明らかに毒だとわかっているものが入っていて、食べたら命にかかわるモノを売っていたというのとは違うからです。

以前から中国製品については、色々話はあり、私は中国製品は食品であると思っていなかったので、買い物かごに入れていませんでした。
でも、ファミリーレストランで食事をしたらどうでしょう?
コンビニでお弁当を買ったらどうでしょう?
おそらく大量に中国製品を口にしていたことだと思います。

自分自身で食べることが出来ない品物を売るということは、
いますぐやめて欲しい。
そして、全ての中国製品がギョウザのようではないという人は、考え直して欲しい。
彼の国で今行われていることがどんなことなのか。

自国でまかなえるモノをまかなえるようにしていけばいいだけの話ではないかしら?
色んなしがらみや金銭のアレコレがあってそうは出来ないと言っても、
「食べて死んでもいいの?」
と考えれば答えはとっても簡単なことだと私は思います。
安い毒入りのモノを食べて死ぬか、高くても安心して口にできるものを食べるか。
又その高いモノは食べて本当にダイジョウブか?
買う側が問われているということを忘れてはいけないと思います。
[PR]
by pen-p | 2008-02-01 08:23 | その他 | Comments(0)