ぐみごよみ

penchan.exblog.jp

風のむくまま      気の向くまま      そこはかとなく     書きつづりませう

<   2007年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

さぁ 春です

c0038424_2325425.jpg

  今日で3月も終わり。
  明日からは新年度がはじまります。
  そして、ようやくうちの裏の桜も
  ポッと咲き始めました。



街の中を車で走れば、
忍者の衣装を身にまとった子どもが嬉しそうにスキップしていたり、
忍者の衣装を着せられ、何が何だか分からぬまま、
知らない町を散歩している犬がいたり、
かと思えば、上野の郵便局の本局へいくと、
局員さんまで忍者になっていたり・・・。
もうNINJAフェスタが始まる季節なんですねぇ。

今日、ものすごーく遅まきながら、おとうとくんの机と鞄がうちへやってきました。
もう1週間もせずに1年生です。

なんだか周りは急に春めいてきました。

さぁ 春です。
背筋を伸ばして、気合いを入れて、春の空気を胸一杯吸い込んで、
明日からの新年度、頑張っていきましょう!!

追伸 桜咲き始めたけれど、あんまりあわてて咲かずに、
   ゆっくり咲いて欲しいなぁ。
   4月6日が入学式。
   出来れば、桜の花にもお祝いしてもらいないなぁなんて思っている私って、
   やっぱり欲張り?!カナ?
[PR]
by pen-p | 2007-03-31 23:15 | 季節・こよみ | Comments(0)

タミフル飲みますか?

四国八十八カ所参りから帰ってきたおばあちゃん。
どうも調子が悪いといって、お知り合いの病院へいかれました。

病院では、ヒノキの花粉症がはじまっているからそれだろうと最初いわれていたそうなのですが、
「ところで、熱はないの?」と尋ねられ、検温していなかったおばあちゃんはそこで体温を測ったそうです。
すると・・・37.6度。
「えっ!熱があるの?」ということで、念のため検査をすると、
A型インフルエンザと判明!
そこでお医者さんが
「タミフル飲みますか?」と尋ねたそうです。
最近のタミフル騒動で、患者さんがどうしても不安に思ってしまうので、どうするか聞いているのでしょう。
「先生。コレ飲んだら、飛び降りたりするんやろ?」とおばあちゃん。
すると、おじいちゃんともおばあちゃんとも長いお付き合いのあるお医者さん、
「それならそれでええやんか。おじさんのところへはよ行けるやんか。」と言ったとか。(コレコレ)

このお医者さんはおじいちゃんとおばあちゃんの長年のお知り合いなので、冗談めかして仰った一言ですが、時期が時期だけに話を聞いて、笑えなかったのは私だけではないのじゃないかしら?
それでも、このタミフル。
普通のインフルエンザではそれほど使わなくてもいいような気がしてなりません。
基礎疾患のある人など、合併症が心配される時のみでいいんじゃないかな?
新型インフルエンザが出てくれば、そんなことも言ってられないでしょうけれど・・・ね。  
[PR]
by pen-p | 2007-03-29 07:38 | その他 | Comments(0)

ありがとう心をこめて

3月23日 おとうとくんの卒園式でした。
未だかつて自分の時のどの卒業式でも、泣いたことのない私です。
まさか涙をこぼすことになるなんて思いもしていませんでした。


式がはじまり、おとうとくんが入場した時、思いもよらずしっかりしていてビックリしました。
普段の彼は、糸の切れた風船のように、ふわりふわりとどこへということなく、
飛んでいってしまいそうなのですが、その時だけは、
背筋をピンとのばし、しっかり前を見据え、凛としていたのです。
あんな頼りなかったおとうとくんが、こんなにシャンと出来るようになったのかと思うと、いきなり胸がいっぱいになりました。
この時は大丈夫。こらえたのですけれど・・・、
子どもに歌われるとあきません。
一番最後に卒園児が歌った歌に、やられてしまいました。


   いつのまにか僕たちは 1人で歩いていたよ
   6年前にこの世に生まれた 小さなこの命
   晴れた日にも 雪の日にも 元気な時も 病気の時も
   変わらない優しいまなざしが僕らをつつんでくれた
   気が付けは春の風が あんなに歌っているよ
   ありがとう心をこめて ありがとう そして さよなら


喘息の発作を起こして寝ずで看病したこと
ヘルニアの手術を2度も受けたこと
お兄ちゃんが卒園するのと担任の先生が変わるのが一緒になって、
保育園に行かないと言い出して困ったこと。
遠足といえば決まって雨で、
遠足=保育園の中でする遠足ごっこ だと思いこんでいたこと。
おじいちゃんが入院しているのに、役員があたってとっても大変な思いをしたこと。
3年間で3人も担任の先生が妊娠して、次々担任の先生が変わったこと。
園庭で、お友達とニコニコ笑いながら走り回っていたこと。
そして何より、あんなに小さかったおとうとくんが、目の前で誰より大きな声で間違えずにしっかりと歌っていること・・・

自分の卒業の時には絶対にあり得なかった思いでした。
卒業することが寂しくて泣くのではなく、
色んな思いと一緒に、子どもが大きくなったんだなぁと思うことで涙がこぼれるだなんて初めて知りました。
おとうとくんはじめ23人のお友達に教えてもらいました。

おとうとくん。23人のお友達。
ありがとう。そしておめでとう!
[PR]
by pen-p | 2007-03-26 00:47 | こども | Comments(0)

秘密基地

火曜日、歯医者さんの予約が入っていたお兄ちゃん。
フッ素を塗ってもらって、さあ帰ろうとしたとき、
「おかあちゃん。いまから遊びに行ってきてもええ?」と言います。
時計を見るともう4時30分。
「30分くらいならいいけど・・・。」と言うと
「今から秘密基地に行って、ダイヤ埋めるねんか。」と言います。
「えっ!秘密基地あるの?」
「ダイヤって何?」とつっこんで聞くと、
「秘密基地は道の下にあんねんか、ダイヤはM君が持ってて、それを埋めたら願い事が3つ叶うねんか。僕が持ってるこんなん(ガラスのかけら)やったら、埋めたら願い事が1つ叶うねんか。」と嬉しそうに話してくれました。

その日は、遅かったので、また別の日に秘密基地にいくように言い聞かせましたが、
「秘密基地」や「ダイヤ」の話、おもしろかったなぁ。(^^)

私も子どもの頃、「秘密基地」だの「この○○をどうこうすれば願いが叶う」や「秘密の抜け道」とかあって、それをとても一生懸命話していたのを思い出してしまいました。
外で遊ばなくなったと言われている今時の子でも、そんな「秘密基地」を持っていると聞いて、なんだかワクワクしたおかあちゃんでした。

ちなみに、家の押入の中に、お気に入りの本やおもちゃを懐中電灯と一緒に持ち込んで、「秘密の部屋や」と言っていたのは私です。(笑)
[PR]
by pen-p | 2007-03-21 23:15 | こども | Comments(2)

卒業の歌といえば・・・

昨日お兄ちゃんが通う小学校で卒業式がありました。
もうそんな季節なんですね。
おとうとくんも23日には保育園を卒園です。

ところで、先日毎日新聞に卒業の歌といえば・・・というアンケートをしたという記事がありました。
ランキングは、
    1位 卒業写真  松任谷(荒井)由美
    2位 贈る言葉  海援隊
    3位 卒業    尾崎 豊
だったそうです。
このほかに、「さくら(独唱)」「卒業」(斉藤由貴)などなど入っていたそうです。

私は卒業の歌といえば、「なごり雪」かな?
あと、タイトルも歌っている人も知らないのですが、
中学の時の友達が「これ聞いてみ」とくれたカセットテープの中にあった1曲が、
この季節になると思い出されます。

      前から3番目に あなたの名前呼ばれて
      思わず胸の中の 小さな声がふるえた
      ステージにすすんでく 黒い背中はスクリーン
      3年間の歴史 ひとつひとつ写した
      真夏のグラウンドや 秋風の図書館を
      いつも横切って いくのは誰?
      卒業式になって気付いた あなたしか見えない
      人を好きになることの意味 今少し分かりかけた・・・

中学生・高校生のセーラー服を着ていたまだかわいらしかったころのコトをを思い出してしまいます。ね。
でもこの曲なんて歌なんだろう?未だに分からずじまいです(笑)

どなかたこの歌のタイトルご存じの方いらっしゃいます?
それから、皆さんの卒業の歌といえば・・・何ですか?
[PR]
by pen-p | 2007-03-18 00:48 | 季節・こよみ | Comments(3)

斎王と斎王代

毎年思うんです。
斎王の祭りと斎王代の祭りって
何故、斎王代の祭りの方が「代」なのに
有名で、マスコミにもとりあげられるのかなぁって。
やっぱり、伊勢と京都の名前の違いなのかしら?ねぇ。

(3月13日中日新聞 新斎王選考会の記事を読んで・・・)

        2007年03月14日 08:13 mixi日記より転載

※mixi日記の記事を削除するにあたり転載することにしました。
 あしからずご了承下さい。
[PR]
by pen-p | 2007-03-16 10:45 | Comments(3)
さて突然ですが問題です。
次の写真は、ある木のつぼみ〜花〜実までを撮ったものです。
この木の名前はなんだと思いますか?

これがつぼみ
c0038424_7562834.jpg



これがはな
c0038424_7565468.jpg



これががく
c0038424_7573098.jpg



これが実。

c0038424_7575263.jpgc0038424_758586.jpgc0038424_7582045.jpg





ヒント:一番最後の写真を180度ひっくり返したら何かに見えてきませんか?

答えは明日書きます。お楽しみに!
[PR]
by pen-p | 2007-03-16 08:05 | 季節・こよみ | Comments(1)

にょうぼう

部屋の隅っこでおとうとくんがぶつぶつ言いながら棒をふりまわしています。
(あー また あっちの世界へ1人で行っているなぁ)と思いつつ見ていると、

「たーっ! おかあちゃん。 にょうぼう!!」と棒をこちらに向けます。
(にょうぼう?)と思いつつ。
「せや。おかあちゃんはおとうちゃんの 女房やでぇ。」と言うと
「違うねんか。おとうちゃんとちごて、孫悟空やんかぁ。」などと言います。
(・・・孫悟空? にょうぼう?)って
「それって、ニョイボウ?」と尋ねると
「そうそう。そのにょうぼう。」と言い捨ててタタタタ走っていきました。

取り残されたおかあちゃんは、いいしれない虚脱感におそわれました。
似てなくはないけれど・・・それはないやろおとうとくんよ!
[PR]
by pen-p | 2007-03-14 01:15 | こども | Comments(0)

つなぎことば

おとうとくんが、
「おかあちゃん。つなぎことばってくっつけることばやろ?」と言うので、
「そうそう。言葉と言葉をくっつけることばやで。」と答えると、
「ほんなら、こうやなぁ。」と「やをや」と書くんです。
(やをや・・・って。)
「八百屋はやおや やで!」と言うと、
「「や」と「や」をくっつけてる言葉やから「お」とちごて「を」やろ。」と真顔で話すおとうとくん。
またヤラレタというのがおかあちゃんの感想でした。

その後、説明を何度となく繰り返してようやく「つなぎことば」がのみこめてきた様子でしたが、時々おとうとくんの発想にはついていくことが出来ないおかあちゃんです。
[PR]
by pen-p | 2007-03-12 23:51 | こども | Comments(0)

ご招待

先日から、ご招待いただくことが多くてビックリしています。

ご招待といっても、パーティーなどではなく、
サイトへのご招待です。

ことの初めは一通のメールでした。
本当に久しぶりに届いた友達からのメールは
「いきなりですが、mixiに入ってます?」というものでした。
mixiが分からない私にとっては寝耳に水の話で、何のこと?と返信すると、
彼女が始めたブログにご招待してくれるという話でした。

分かったような分からないようなまま、一応登録作業を終了し、ログインしてビックリ!彼女のブログを読みにいくつもりだったのが、自分のページができあがってるじゃないですか!しかも、プロフィールをみると、登録時に氏名を書く欄があったので、本名の名字をいれたのですが、それが公開されてるんです。
ビックリして、もう1人知ってそうな友達のニックネームがあったので、プロフィールをみると、氏名とも本名がちゃんと漢字で登録されていました。
すぐに、自分の名前を ぺんぺん ぐみ に変更し、本名が書いてあった友達にも連絡して変更した方がいいよとすすめました。

快速さんというネットワークに精通したおとうちゃんのお友達に尋ねると、
気を付けて使った方がいいとのこと。
あまり深入りせず、紹介してくれた友達のブログを読む程度にしておくつもりです。
いやーそれでも、自分の名字がネットで公開されているのを見たときには目ん玉飛び出るぐらいびっくりしました(笑)


ところで、もうひとつ。
時を同じくして、ご招待をうけた別のサイトがありました。
こちらは、見知っているかたばかりが集われているところですので、
気を付けなくてはならないことはまるでなく、
読ませていただいていてもとても楽しいので、ご招待に甘んじようかとも思ったのですが、
もともとは、おとうちゃんのお邪魔しているところですので、
私が出入りするのも憚られると思い、ご遠慮させていただこうと思っています。
もちろん、これからも読ませていただいてケラケラ笑わせていただきたいと思っておりますので、よろしくお願いします。
みなさんへメッセージがある時は、おとうちゃんに例のところに書いてもらうか、
自分で「はぶぶる」か「日々是ブログ」に書きにいくかもしれません。
なまけものさんのところの「ランチブログ」(違うと怒られそうですが(笑))へ書き込みたい欲求にかられつつ、おとうちゃんにヤメテおけと言われてジッとしていますが、もしかすると突然現れるかもしれません。
とにかく、折角ご好意でお声をかけていただいたのですが、今回のご招待はご遠慮させていただきます。
「春の宴」につきましては、もしありましたら、またご一緒させていただくことになるかもしれませんので、その時はどうぞよろしくお願いします。

ってこんなところに書いて、ご招待下さった方々が読んでくれるかどうか分かりませんが、おそらく、おとうちゃんが後はなんとかするでしょう(笑)

事務連絡兼サイトご招待にまつわるお話2つでした。
[PR]
by pen-p | 2007-03-11 01:27 | その他 | Comments(5)

風のむくまま      気の向くまま      そこはかとなく     書きつづりませう


by pen-p