風のむくまま      気の向くまま      そこはかとなく     書きつづりませう

by pen-p

サラ

新しいものをいう言葉に、「サラ」とか「おサラ」という言葉をよく使います。
この言葉、私ずっと方言だと思っていたのですが、皆さんは使いますか?

実は、古語辞典に「サラ」という言葉が載っています。

さら【新】(名)(熟語として用いて)新しいこと。新しい物。
                    (旺文社 古語辞典より)

とあります。「さら所帯」とか「さら湯」といった使い方をするそうです。

今私が使っている「サラ」はおそらくこの「さら」だと思うのですが、熟語となっていなくても使っています。
例えば、
「この靴、サラやから、明日の朝おろしな。」といった使い方をします。
「サラ」だけで「新しい物」という名詞として使っているようです。

「サラピン」というのも使っていましたが、この「ピン」の意味は分かりません。
新しくピンと張った状態なのでしょうか?ね?

そうそう「ピン」といえば、本筋の「サラ」の話しからはなれるのですが、
よく「ピン芸人」とかいって、1人で活躍する芸人さんをいいます。
ところでこの「ピン」って、元々はポルトガル語からきているそうです。
「かるた、また、ばくちの采の目で、1の数のこと。」(旺文社 古語辞典より)
とあります。


「サラ」=新 や「ピン」の由来、まだまだ知らないことが沢山あってなかなかおもしろいですね。
[PR]
by pen-p | 2007-05-17 23:38 | 方言・伊賀弁 | Comments(3)
Commented by 大福 at 2007-05-18 20:01 x
「さら」は昔から普通に使う言葉だったので、方言なのかどうかは
私もわかりませんね~。

とりあえず私とその周囲での「さら」の使い方はこんな感じです。
            ↓
「さら」 = 「さらピン(さら品)」 = 「新品」  

「この靴さら(又はさら品)だから汚さないように」 (ぐみさんと同じ使い方ですね)
「さら湯は老人の敵」 などなど。

「あたらしい」って言うよりも「さら」の方が短くて言いやすいので頻繁に使います^^


ピン芸人のピンがポルトガル語だとは知りませんでした!
日本語と思っていたら実はポルトガル語っていう語がなにげに多いですね。
Commented by くっちゃん at 2007-05-18 23:05 x
大福さんとまったく同じです!
「さらぴん」とか、「まっさら」とも言いますね。
古語辞典に載っているとは・・・驚きでした。

「ピン」の語源がポルトガル語にあるというのも、驚きですね~。
職場に「一(はじめ)」さんという方がいらっしゃるのですが、あだ名が「ピン」なんです。だから「ピン」というのは「一」を表すんだろうな・・・とは思っていたのですが。
Commented by ぐみ at 2007-05-19 08:14 x

「さらぴん」の「ぴん」が「品」。
なるほどそうですよね。気がつかなかった(笑)
「まっさら」も使いますね。漢字で書いたら「真新」でしょうか?
あっ!今キーボード打ってて気付きました。
「さら」と打って変換すると普通に「新」が出てくる!!
・・・知らなかった(^^;)