杏仁豆腐

今日、中華料理の一番最後に杏仁豆腐をいただきました。
食べながら、お兄ちゃんが小さい頃
「アイーン豆腐や!」と言っていたのを思い出しました。
(志村健か!)と思いつつ、
「それは、杏仁豆腐。」と教えてやりました。
すると
「なんであんにんどうふなん?」と尋ねられて困りました。
恥ずかしながら、何故「あんにんどうふ」なのか私も知らなかったのです。
その時は
「なんであんにんどうふって言うんやろなぁ」で話は終わってしまいました。

昨年、杏仁豆腐ならぬ桃仁豆腐を作るというテレビを見ました。
作り方をみていると、桃の種を割り、その中にある白いもの(仁)を潰して作っているではありませんか。
その時はじめて、杏仁豆腐は杏の仁を使ってつくる豆腐のような食べ物だという意味であると気付いたのです。
今売られている杏仁豆腐に、杏の仁はおそらく使われていません。変わりにアーモンドプードルか、アーモンドを実から潰したものを入れていると思います。
ですから、私たちが普通に口にする杏仁豆腐は杏仁豆腐ではなく、アーモンドミルク豆腐なのかもしれません。

しかも、杏の仁、杏仁は「あんにん」ではなく「きょうにん」と呼ぶので、
杏仁豆腐は「あんにんどうふ」と呼ばず「きょうにんどうふ」が本当なのかもしれません。ね。
そういえば、学生の頃、今は亡き同年の男の子がそんなことを言っていました。

たかが杏仁豆腐されど杏仁豆腐です。

で、杏の仁や桃の仁で出来るのであれば、梅の仁(天神さん)でも出来るんじゃないかと密かに思いつつ、杏仁豆腐を食べていたのでした。
・・でも梅の仁には毒があるという話を聞いたこともあるので、どんなものでしょうかね。
[PR]
Commented at 2007-01-31 01:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ぐみ at 2007-02-01 00:11 x
大福さまいらっしゃいませ。
先日はありがとうございました。
実は私、先日お会いしたときヨメさんと呼ぶのもためらわれ、
なんとお呼びしてよいのか困っていたんです。
そして「あの・・・すみません。」とお声をかけてしまい、
失礼だっただろうなぁとあの後反省しておりました。

でも・・・これからお会いした時、大福さんと呼ばせて頂いていいのかしら?他のお呼び仕方がありましたら、その時にでも教えて下さいませ。ね。
by pen-p | 2007-01-29 00:11 | その他 | Comments(2)