風のむくまま      気の向くまま      そこはかとなく     書きつづりませう

by pen-p

じゃれる って

ある日のこと、
子どもたちが狭い所で小犬のようにじゃれていました。
あまりにコロコロとじゃれているので、
「そんな狭い所でほたえてたら、怪我するでぇ」と注意した私。
言ってからふと気づきました。
「ほたえる」って伊賀弁?

そういえば、よく似た意味で「そばえる」というのもあります。
これらの言葉を国語辞書で調べみましたが、案の定ありません。
そこで、またまた登場の愛用旺文社の古語辞書!
なんとこれには載ってたんですねぇ。

ほたえる・・・ほたえる(近世語)
         1)あまえる・つけあがる 2)ふざける
そばえる・・・そばふ(戯ふ)
         ふざける・ざれる・じゃれる

なのだそうです。
ほたえるは2)の意味で使っていますし、そばえるの方は、
今使っている意味と殆ど変わりません。
やっぱり古語は方言の中で今も息づいているようですね。
[PR]
by pen-p | 2006-10-10 20:35 | 方言・伊賀弁 | Comments(3)
Commented by くっちゃん at 2006-10-10 22:21 x
最近は使わなくなりましたけど、「ほたえる」は言いますねぇ。
やはり2)の意味で使います。
「こんな狭いとこでほたえなや!」みたいな(笑)

「そばえる」は例によって初めてです。
Commented by ぐみ at 2006-10-12 07:59 x
ということは・・・
「ほたえる」は関西弁で
「そばえる」は伊賀弁ってことかしら?ね(笑)
Commented by くっちゃん at 2006-10-12 22:09 x
かもしれませんね(笑)