「津」の付く地名

地名の話題をもう一つ。

三重県の県庁所在地は、日本で一番短い地名「津」。
この「津」は、字の通り、港だったところです。

全国津々浦々にある「津」とつく地名は、昔港だったところが多いそうです。
よく似た言葉で「泊」なども港だったとか。
日本は、島国なので、このように港に関係する地名が各地で多く残されているのでしょうね。


ちなみに
港は・・・「水」+「門」(みなと)・・・「水門」からきているそうです。
泉は・・・「出」+「水」だそうです・・・「出水」からきているそうです。

にほんは、水の豊かな海に囲まれた美しい国だと、地名からもわかりますね。
[PR]
by pen-p | 2006-05-27 08:26 | にほんご | Comments(0)