祝い豆

今日は節分。
うちも、イワシ・太巻き・豆を用意しました。

夕飯に
イワシと太巻きをいただいていたときのこと。

「今日、給食でイワシ出た。2匹も食べたから、夕飯にもう食べやんでええやろ。」
とおにいちゃん。

「給食で食べても、家でも食べ!!」というと

何も言わずにモショモショ食べ始めました。

しばらくすると、
「今日、豆まきの豆も給食に出てん!」
「けど、めっちゃかたて、めっちゃまずかってん!!」とおにいちゃんが言うと

「何かへ~んな匂いしてんでぇ!」とおとうとくん。

「食べやな怒られるで、オレお茶で流し込んだわ。」とおにいちゃん。

「オレら10こだけ食べて、あと豆まきしてん!!」とおとうとくん。

「豆まいて先生何にも言わへんかった?」と尋ねると、
「めっちゃ怒られた(--;」と言っていました(笑)



しかし、給食に豆の炒ったのはいいけれど、
話を聞く限り、どうも大豆の炒りさがしのよう。
近所の人にもらった大豆を、
おそらく給食室で炒ってくださったのだと思いますが、
何せ大豆を炒るのって結構弱火でゆっくり時間をかけないと
炒れないので、多分中まで火が入ってなかったのでしょうね(^^;


食後、
「はい!年の数+1 豆の数数えて あと1つは食べ終わったら後ろに投げて。」
といって市販の炒った豆を机の上においてやると、

ポリポリ1つめを口に入れたこどもたち。
声を揃えて
「この豆むっちゃ おいしい!!」(^▽^)
と大喜び。



・・・給食の豆 半炒りっていうより 生だったのかしら(^^;
と心でつぶやいたおかあちゃんでした(笑)
[PR]
by pen-p | 2011-02-03 22:24 | 季節・こよみ | Comments(0)