けとばし大根

そもそもそれが余所の地域でもつくられているかどうかというのは問題なのですが、
あるとして話をしていきたいと思います。

今日の主役は「けとばし大根」です。

今、うちで食べている大根は、お義母さんが畑で作ってくれた大根です。
おでん用の大根だとのことですが、普通の大根のような形なのですが、
先だけ、少し丸くなっています。
煮て食べるととてもやわらかく煮えます。
「これ、多分、けっとばしと大根のかけたヤツやわ。」とお義母さん。

この「けっとばし」と呼んでいるのが「けとばし大根」です。
「けとばし大根」はカブラのような形状をしています。
でもカブラではなく、大根なのだそうです。
確かにカブラのような独特の味はありません。
大根よりはやわらかく煮上がります。


「けとばし大根」これは伊賀弁なのでしょうか?
親戚のおじさんと話していて、
大阪の八百屋で「「けとばし」ちょうだい」って言ったら通じるだろうか?という話をしました。
しかし「けとばし」で通じなかったら、「これ頂戴!」と指さしして買い物をしなくてはなりません。外国で買い物をしてるような話しです(笑)


他の地区の八百屋さんに「けとばし大根」って売っていますか?
そして、カブラみたいな大根を「けとばし」って呼びますか?
[PR]
Commented by くっちゃん at 2008-12-11 20:47 x
けとばし大根・・・初めて聞きました。
いつもこればっかりのような気がしますが(笑)

「大阪の台所」、黒門市場にあるかなぁ?機会があったら見てみようかな。
Commented by ぐみ at 2008-12-12 23:21 x
そうそう、大阪の野菜といえば
「大阪白菜」というのがあるのでしょうか?
昔知り合いから聞いた話なのですが、
大阪出身のお姑さんが
「大阪白菜(しろな)のお浸し食べたいわ。」とおっしゃったのだそうです。
上野のスーパーで白菜(はくさい)を買ってお浸しにしたら、
「こんなん白菜(はくさい)のお浸しやんか!私が食べたいのは白菜(しろな)やで。」と言われたそうです。

白菜と書いて、「しろな」と「はくさい」読み方が違うだけで、モノが全然違うのだそうです。
「しろな」って知らないのですが、どんなお野菜なのかしら??

くっちゃんさん、ご存じですか?「しろな」。
Commented by くっちゃん at 2008-12-14 14:48 x
もちろんです♪
しろなとはくさいは全然違うものです。
見た目はチンゲンサイの、茎が細くて白いのって感じです。
おひたしでもいいですし、あげさん(普通の薄揚げでも厚揚げを薄く切ったものでも可)といっしょにたいてもおいしいですよ。
(もちろん薄口しょうゆで)
Commented by ぐみ at 2008-12-15 18:37 x
小松菜に似てる?
シャクシナの方が似てる?

とにかく、シロ菜はハク菜とは違うんですね(^^)
一度食べてみたいです(^o^)
Commented by くっちゃん at 2008-12-15 21:23 x
確かに、小松菜にも、シャクシナにも似てますね。

間違いないことは、シロナとハクサイは別物だということです(笑)
by pen-p | 2008-12-10 00:10 | 方言・伊賀弁 | Comments(5)